坂口健太郎、『ヘルドッグス』岡田准一の“最狂バディ”に 「世間のイメージとはガラッと違う役」

坂口健太郎、『ヘルドッグス』岡田准一の“最狂バディ”に 「世間のイメージとはガラッと違う役」

映画『ヘルドッグス』ビジュアル(C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会

岡田准一が主演する映画『ヘルドッグス』に、俳優の坂口健太郎が出演することが発表された。主人公・兼高昭吾(岡田)の“最狂のバディ”を演じる。また、本作の公開日が9月16日に決まった。

 本作の監督・脚本を担うのは、『関ヶ原』『検察側の罪人』『燃えよ剣』などの原田眞人。主演は、『関ヶ原』『燃えよ剣』に続き原田監督との3作品目のタッグとなる岡田准一。本作でも技闘デザイン(アクション振り付け)を担当し、クランクイン前から原田監督と綿密な打ち合わせを経て、劇中のキャラクターの個性にあったリアルかつ創作的なアクションを振り付けている。

 その岡田が演じるのは、正義も感情も捨て、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾。愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、闇に落ち、正義も感情も捨て報復することにのみ生きていた男で、その闇と狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、ヤクザ組織への潜入という危険なミッションを強要される複雑なキャラクターだ。

 そして、坂口健太郎が演じるのは、兼高が潜入を強いられるヤクザ組織の一員、室岡秀喜。死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在だ。満腹中枢が壊れており、常に空腹で何かを食べている。感情を抑えられないサイコパスな室岡だが、警察のデータ分析によると、兼高との相性がなんと<98%>。警察は兼高に対し、室岡にけんかを売り、それをきっかけに組織へ潜入するよう指示を出す。もちろん、2人の相性は抜群で、最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰め、なくてはならない存在となっていく。

 坂口自身「室岡というキャラクターは世間の坂口健太郎のイメージとはガラッと違う役」と話しているように、これまでの柔らかいイメージから一転、鋭い眼光やボサボサの髪、そして腕には兼高と同じくトライバルタトゥーを入れ、影のあるクレイジーな役回りを担当する。

 本作で原田監督作品は初参加となる坂口は「お芝居していく中で、毎回裏切っていきたいなって気持ちがあった。監督とお話をさせてもらってやりたいっていうのは瞬間的に強く思いました。室岡の根本というか、どこに中心があるんだろうっていうのはすごく頭で考えて、マフィアのような集団の中にいる中で、どこか浮いちゃダメだって思っていたけれど、室岡なりの感情の出し方や異質感はすごく調節をしなきゃいけないなっていうのは思ってはいました」と室岡というキャラクターについて語っている。

 坂口について原田監督は「とにかく一番最初に本人と会って、色々話してみて、凄くいいなって思いました。ちょうど『クライマーズ・ハイ』で堺雅人と会った時とか、あるいは『日本のいちばん長い日』で松坂桃李と話した時とか、そういう時の、ああいい感じっていう、お互いにクリックするものがありました。室岡は97%サイコパスであっても原石の純真さが3%残っています。その微妙なニュアンスを健太郎は切なく的確に表現してくれました」と語る。

 初共演となった岡田について坂口は「バディ感というか、僕はもう本当の兄貴のように慕っていたので、そういう画が映像になったときに感じてもらえると思います。セクシーで、とても切ない映画だなって感じますね」と振り返っている。

 映画『ヘルドッグス』は、9月16日より公開。

<坂口健太郎コメント>
室岡という役を考えている時間、乾いた笑顔の裏にある深い闇や寂しさを感じ、その感情を丁寧に、時には刹那的に放出する作業はとても心地の良い瞬間でした。
初めての原田組、この刺激的な現場を室岡として、岡田さん演じる兼高と一緒に潜る時間は、とても豊かな時間でした。

関連記事(外部サイト)