波瑠、恋愛で悩む女性へメッセージ「自分に自信を持てるような恋愛をしてほしい」

波瑠、恋愛で悩む女性へメッセージ「自分に自信を持てるような恋愛をしてほしい」

波瑠、ドラマ『恋に落ちたおひとりさま〜スタンダールの恋愛論〜』配信開始記念イベントに登場 クランクイン!

女優の波瑠が17日、ドラマ『恋に落ちたおひとりさま〜スタンダールの恋愛論〜』配信開始記念イベントに共演の瀬戸康史、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、小日向文世、原作者の水野敬也とともに出席。片思いに悩んでいる女性へ「自分に自信を持てるような恋愛をしてほしい」とメッセージを送った。

 本作は『夢をかなえるゾウ』の水野敬也による著書『運命の恋をかなえるスタンダール』(文響社)の映像化。自分に自信が持てず、30歳で恋愛経験ゼロの図書館員・岡部聡子(波瑠)は、優しく紳士的な鈴木涼介(瀬戸)と出会い一瞬で恋に落ちる。自分を変えたいと願う毎日を過ごす中、聡子の前に突如フランス文学「恋愛論」作者“スタンダール”だと名乗る男(小日向)が出現し、恋愛のノウハウで聡子を導いていく。

 自分に自信が持てない聡子を演じる波瑠は「誰にでもあると思うんです。コンプレックスや苦手意識を感じてしまう場面って。だから私も私のコンプレックスと向き合わないことには、聡子の気持ちにはたどり着けないと思って、自分の嫌な部分や自信のない部分を掘り起こして聡子を作っていったので、シュンとしながら役づくりをしていました」と告白。その上で撮影の苦労を尋ねられると「いろんな振り幅のある女性を演じられたので、楽しいことのほうが多かったです」とほほ笑んだ。

 聡子の妄想の世界で、中世の衣装を身にまとっているという瀬戸は「聡子さんの妄想の僕はめちゃくちゃさわやかなんですけど、撮影は暑い時期だったので、体はめちゃくちゃベタベタしてました」とコメント。妄想シーンに関しては「ナチュラルにいきたい」と思っていたそうで「服装とかは変わるんですけど、涼介が言ってるんじゃないか?みたいな地続きな感じにしたかった」と明かした。

 作品にちなみ、イベントでは片思いに悩んでいる女性へメッセージを送る場面があった。波瑠は、自分が偉そうに言えることではないと前置きしながら「女性として、恋愛をがんばりたい女性に言いたいことは、その恋愛をしている自分を大好きだって思える恋愛をしてほしいです」とメッセージ。さらに、「自信がなくなるような、不安になるような恋じゃなくて、自分に自信を持てるような恋愛をしてほしい。それができないなら、“幸せなおひとりさま”でもいいんじゃないかと思います」と持論を語った。

 ドラマ『恋に落ちたおひとりさま〜スタンダールの恋愛論〜』は、Amazon Prime Videoにて3月18日より全10話一挙独占配信。

関連記事(外部サイト)