岸井ゆきの、親友役・浜辺美波からの絶賛に「照れるんですよ」

岸井ゆきの、親友役・浜辺美波からの絶賛に「照れるんですよ」

映画『やがて海へと届く』舞台挨拶付きプレミア試写会イベント クランクイン!

女優の岸井ゆきの、浜辺美波らが20日、都内で開催された映画『やがて海へと届く』舞台挨拶付きプレミア試写会イベントに出席。岸井は浜辺から人柄を絶賛されると「照れるんですよ」と笑顔を見せた。

 本作は彩瀬まるの同名小説(講談社文庫)の実写化。親友のすみれ(浜辺)が一人旅に出たまま突然いなくなってしまったことを受け入れられない主人公・真奈(岸井)が、本当の“彼女”を探す旅に出る物語。イベントには俳優の杉野遥亮、中川龍太郎監督も出席した。

 かつてドラマで共演経験はあるのもの、当時はあまり話すことができなかったという岸井と浜辺。岸井について浜辺は「感性が素敵だから、その仕草であったりとか、表情に、魅力が溢れる。(周りの人が)愛しさを感じてしまう。そういう人柄なんだなって、とても素直に、憧れを抱きました」とコメント。この誉め言葉に岸井は「照れるんですよ。こうやって言ってもらえると」と笑みを浮かべた。

 卒業シーズンであることから、イベントでは“自分が卒業したもの”との話題になると、岸井は「教習所!」と、にっこり。運転免許の取得を“近年の目標”に掲げているという浜辺に、どれほどの時間がかかったのかを聞かれると、岸井は「(映画撮影などの合間に通っていたために)すごい時間がかかりましたよ。2020年に私は入校して、去年の末くらい」と回答した。

 一方の浜辺は、最近になって家を掃除をしたそうで、「机の上がきれいになりました。丁寧な生活の始まりです」と笑顔。「台本であったり、見なきゃいけないDVDとか、手紙の書きかけとか。そういうのが、わーっと置いてあったんです」と振り返り、「手紙は、書きたいことを書いて。DVDも見て、台本も片付けて。気持ちもまっさらになりました」と報告した。さらに「今日ここに立っている気持ちはすごく晴れやかですよ。お家がきれいになるとね、気持ちいいですよねっていう、ささやかな卒業でした」と話した。

 映画『やがて海へと届く』は、4月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)