Snow Man岩本照がめるるを救出する『モエカレはオレンジ色』特報映像&ティザービジュアル解禁

Snow Man岩本照がめるるを救出する『モエカレはオレンジ色』特報映像&ティザービジュアル解禁

映画『モエカレはオレンジ色』ティザービジュアル(C)2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会

Snow Manの岩本照が主演を務め、生見愛瑠がヒロインを演じる映画『モエカレはオレンジ色』より、特報映像とティザービジュアルが解禁された。

 原作は『デザート』(講談社)にて連載中の玉島ノンによる同名漫画。2016年より連載が開始され、現在11巻まで刊行、映像化は初となる。監督は、映画『赤い糸』(2008)、『一週間フレンズ。』(2017)などの村上正典。

 ぼっちのJK・萌衣が好きになったのは、超シャイで真面目な消防士・蛯原。彼との出会いをきっかけに、どんどん前向きになっていく萌衣。蛯原もそんな萌衣に徐々に心を開いていくが、不起用な2人の恋はなかなか進まない。そんな中、恋のライバルが現れて…。

 主人公の蛯原恭介を演じるのは、昨年末のTBS系『SASUKE』での活躍も記憶に新しい、ジャニーズ若手きっての肉体派であるSnow Man岩本。ヒロインの佐々木萌衣役は生見愛瑠。生見にとって本作が映画初出演、ヒロイン役初挑戦となる。

 特報は、学校の屋上に突然現れた蛯原が、「消防士がなんでここに?」と問いかける萌衣に、「お前を助けに来たんだよ」と答える場面から始まる。ここから恋が始まるように思えたが、蛯原に軽々と担がれた萌衣が「なんかちがう! なんかちがう〜!」と叫ぶなど、ラブストーリーらしからぬシーンが続く。映像の合間には蛯原と萌衣の仲睦まじいツーショット写真などもはさみ込まれ、最後は岩本と生見による息の合ったタイトルコールで終了。不器用な2人の恋の行方が気になる、瑞々しい映像となっている。

 ティザービジュアルは、蛯原と萌衣がお互い背を向けながら笑顔で振り向くショットを写したもの。真ん中には「守ってくれる人を、好きになりました―」というコピーが添えられ、2人の絶妙な距離感を表現したデザインとなっている。

 さらに、今回のティザービジュアルがデザインされた本作の劇場前売券(ムビチケカード)の販売も決定。4月29日より全国の上映劇場(一部除く)とウェブ通販にて販売される。

 映画『モエカレはオレンジ色』は、7月8日より全国公開。

関連記事(外部サイト)