27歳差“アイドルとファン”から結婚した夫婦を直撃 須田亜香里も「全く可能性がない話ではないのかな?」

27歳差“アイドルとファン”から結婚した夫婦を直撃 須田亜香里も「全く可能性がない話ではないのかな?」

3月27日放送の『ABEMA的ニュースショー』より(C)AbemaTV,Inc.

千原ジュニアがMCを務める報道情報番組『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA/毎週日曜12時)が27日に放送。番組にはアイドルとそのファンとして出会い、見事ゴールインを果たした夫婦が登場。出会いや交際に発展した理由を直撃した。

 番組には“年の差”27歳の夫婦・ともえさんとみっちゃんさんが登場。“アイドルとそのファン”として出会い、見事ゴールインを果たした夫婦の出会いや交際に発展した理由を直撃した。

 ジュニアが「男性芸人とファンの女の子が付き合って、結婚したという話はそれなりに聞く話。だけど、女性アイドルが自分のファンの人と恋愛に発展することはなかなか聞かない」と率直な感想を明かすと、現役のアイドルでSKE48メンバーの須田亜香里も「握手会などでファンの人柄がある程度は分かる。『素敵だな』と思うことはあるけど、その人を恋愛対象として見ることはない。私はファンの人を平等に接したいなという気持ちがある」と自身のアイドル活動におけるスタンスを示した上で、「2人はアイドル卒業後に付き合っていて素敵だなと思った。今は恋愛を考えたことはないけど、“アイドルとファンの恋愛”を目の当たりにして、全く可能性がない話ではないのかな? と思ってます」と明かした。

 また、元アイドルのともえさんは「来ると思っていたライブに来ていなくて、ステージが物足りなく感じた。その時に『もしかしたら好きなのかな?』と思った」と、自身のファンであるみっちゃんさんを意識したきっかけを告白。アイドルファンとして知られるお笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望は「似たような話をアイドルの子から聞くけど、その感情は決して恋心ではないと思っていたのに!」と苦笑いを浮かべていた。

 そのほか、今回の番組には恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン・シーズン4』に4代目バチェラーとして出演した黄皓(こう・こう)が初登場。学生時代から“モテる”人生を送ってきた黄が、「恋愛で冷めた瞬間」を大公開した。黄は「あざとい人は好きなんだけど、それがもろにバレちゃう女性が苦手。例えば、僕の乗っている車を聞いた上で『これが欲しい』と言われると…。素直におねだりされたらうれしいけど、魂胆がバレないようにやってほしい」と明かした。

 また、黄は「パートナーはめちゃくちゃあざといけど、秘めた“あざとさ”が伝わらないように隠しているからすごく良いんですよ」と仲睦まじさをアピールしていた。

 報道情報番組『ABEMA的ニュースショー』はABEMAにて毎週日曜12時放送。

関連記事(外部サイト)