トム・クルーズが完全装備で出動! 『トップガン マーヴェリック』新ポスタービジュアル&本予告解禁

トム・クルーズが完全装備で出動! 『トップガン マーヴェリック』新ポスタービジュアル&本予告解禁

映画『トップガン マーヴェリック』新ポスタービジュアル(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

5月27日より日米同時公開される、俳優トム・クルーズ主演映画『トップガン』(1986)の続編『トップガン マーヴェリック』より、新ポスタービジュアルと本予告が解禁された。

 前作は、米海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイ・アクションと、みずみずしい青春と恋の群像を合わせて描いた。続編の本作でも、主人公マーヴェリック役でトムがカムバック。監督は、『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキーが務める。

 アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”が、絶対不可能な任務に直面。任務を成功させるため、最後の切り札として白羽の矢が立ったのは、伝説のパイロット・マーヴェリック(トム)だった。

 記録的な成績を誇るトップガン史上最高のパイロットでありながら、常識破りな性格と組織に縛られない振る舞いから一向に昇進せず、現役であり続けるマーヴェリック。なぜ彼はトップガンに戻り、新世代トップガンたちと共にこのミッションに命を懸けて挑むのか。大空を駆け抜ける興奮、そして彼らが繰り広げる“胸熱”の人間ドラマが観客を待ち受ける。

 新ポスタービジュアルは、伝説のパイロット・マーヴェリックにふんするトムが、フライトジャケット&完全装備で出動する姿を捉えたもの。その表情には、トップガンへ、そして過酷な空へと帰還することへの誇りと覚悟がにじみでている。

 フレッシュな新世代トップガンの1人を演じたマニー・ジャシントは、米Varietyのインタビューで「(完成・公開が)待ちきれないよ。トム・クルーズは、絶対に失望させない。彼が見せる仕事への姿勢とエネルギーには、心が奮い立ち、110%の力を発揮できる。そうせずにはいられないんだ」とトムを絶賛。

 コシンスキー監督は「マーヴェリックが若いパイロットをかつての自分の姿に重ねるのは、彼がさまざまなことを経験する過程で、多くのものを失ったことが関係しています。『トップガン』をアクション映画とお考えだと思いますが、私自身はヒューマンドラマだと考えています。もちろん息をのむようなアクションシーンが登場しますが、映画の中心にあるのはドラマなのです」と作品をアピールしている。

 また、併せて解禁された本予告は、エリートパイロット養成学校“トップガン”の卒業生たちが、集められるシーンから始まる。

 ベスト・オブ・ザ・ベストのパイロット達をもってしても、達成不可能なミッションに直面した彼らのもとに、軍トップに上り詰めた旧友アイスマンの特命を受けた、伝説のパイロット・マーヴェリック(トム)が教官として赴任。圧倒的な飛行テクニックで、常識破りの訓練を実施し、若きトップガンの度肝を抜く。生還可能性0のミッションへの出撃が迫るなか、若きトップガンのひとりと成長した亡き親友グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)から、「父はあんたを信じた。だから死んだ」と糾弾されるマーヴェリックは、「もう誰も死なせたくない」と、強い決意を胸に秘め、若きトップガンたちと共に、再び過酷なミッションが待ち受ける空に命を懸ける。

 現在可能な技術を全て駆使し、スタントなしで俳優たちが実際に搭乗しリアルを追求。本物の撮影にこだわった手に汗握る迫力のスカイ・アクションと、心震わせる胸熱なストーリーを想像させ、期待が高まる本予告となっている。

 映画『トップガン マーヴェリック』は、5月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)