ミシェル・フランコ監督が今そこにある“悪夢”を描く ディストピア・スリラー『ニューオーダー』公開決定

ミシェル・フランコ監督が今そこにある“悪夢”を描く ディストピア・スリラー『ニューオーダー』公開決定

映画『ニューオーダー』日本版ビジュアル(C)2020 Lo que algunos sonaron S.A. de C.V,Les Films d’Ici

第77回ヴェネツィア国際映画祭審査員大賞を受賞したメキシコのミシェル・フランコ監督作の映画『NUEVO ORDEN』(原題)が、邦題を『ニューオーダー』として、6月4日より全国順次公開されることが決定。併せて日本版ビジュアルとメイン場面写真が解禁された。

 本作は、広がり続ける経済格差とそれがもたらす社会秩序の崩壊を描くディストピア・スリラー。ヴェネツィア国際映画祭で審査員大賞など2冠を受賞しながらも、各国の映画祭で激しい賛否両論を巻き起こした。

 監督のミシェル・フランコは、長編デビュー作から4作品連続でカンヌ国際映画祭に正式出品され、コンペティション部門での脚本賞を含む3冠に輝いてきたメキシコの俊英。ごく普通の人間の人生がふとしたきっかけで崩壊の危機に瀕していく様を冷徹な視線で描いてきた彼は「我々の暮らすメキシコに限らず、世界は極限状態に追い込まれている。まるで日々ディストピアに近づいているようにね。そしてパンデミックによって事態が更に悪化したことで、期せずしてこの作品は時代に即したものになってしまったんだ」と語っている。

 夢に見た結婚パーティー。マリアンにとって、その日は人生最良の一日になるはずだった。裕福な家庭に生まれ育った彼女を祝うため豪邸に集うのは、着飾った政財界の名士たち。一方、マリアン宅からほど近い通りでは、広がり続ける貧富の格差に対する抗議運動が、今まさに暴動と化していた。その勢いは爆発的に広がり、ついにはマリアンの家にも暴徒が押し寄せてくる。華やかなうたげは一転、殺りくと略奪の地獄絵図が繰り広げられる。難を逃れたマリアンを待ち受けていたのは、軍部による武力鎮圧と戒厳令だった。電話や通信網は遮断され、ついさっきまで存在していたはずの法と秩序は崩壊、日常が悪夢に変わる。だが、“最悪”はまだ始まったばかりだ−。

 日本版ビジュアルには、頬に涙が伝うヒロイン、マリアンの顔と、武装した男たちの姿が対比的に写し出されている。さらに、メキシコ国旗の中の一色で、スペインからの諸州の独立を象徴する緑色がペンキのようにぶちまかれ、不穏な展開を予感させるデザインとなっている。

 映画『ニューオーダー』は、6月4日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)