日向坂46、念願の東京ドーム公演を完走 キャプテン・佐々木久美「今日ここが新たな出発の場所」<3回目のひな誕祭>

日向坂46、念願の東京ドーム公演を完走 キャプテン・佐々木久美「今日ここが新たな出発の場所」<3回目のひな誕祭>

日向坂46「3周年記念MEMORIAL LIVE〜3回目のひな誕祭〜」 撮影:上山陽介

日向坂46が30、31日に、デビュー3周年記念の東京ドーム公演「3周年記念MEMORIAL LIVE〜3回目のひな誕祭〜」を開催した。グループ改名前のけやき坂46時代からの念願であり、2度の延期を経て、約2年3ヵ月越しで達成した公演では両日合わせて約10万人を動員。本稿では、新曲「僕なんか」をサプライズで初披露した最終日の模様をレポートする。

小坂菜緒がステージ復帰「またここに戻ってこられてすごくうれしい」


 公演間近に新型コロナウイルス感染を発表し、やむなく欠席となった濱岸ひよりの思いも背負った21人のメンバー。2日間にわたる公演では、2021年6月の活動休止発表以来、約9ヵ月ぶりに復帰した小坂菜緒もステージに立った。

 グループの軌跡をたどるVTRが明けると、メインステージの中央には東京ドームの屋根のような真っ白い“卵状”のセットが置かれていた。開演を告げる「OVERTURE」が流れ終わるとともに、割れたセットの中からメンバーが登場。加藤史帆の「行くぞ!」の第一声からスタートしたデビューシングル表題曲「キュン」では小坂がセンターを務め、2ndシングル表題曲の「ドレミソラシド」を続けて披露した。

 MCでは、あいさつを済ませたキャプテンの佐々木久美が「このライブからね、こさかな(小坂の愛称)が帰って来てくれました!」と元気よく報告。小坂が「皆さん、お久しぶりです」とつぶやくと観客は盛大な拍手を送り、「またここに戻ってこられてすごくうれしいなと思うんですけど、まだまだ体調の方が万全の状態とはあまり言い切れなくて。少しずつのスタートにはなるんですけど、これからも頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と今後の活動に懸ける思いを語った。

 ほかのメンバーによる軽快な掛け合いも見せ、次のブロックからは改名前のけやき坂46時代の作品も織り交ぜた新旧の楽曲で鮮やかなパフォーマンスへ。一期生9人で披露した「おいで夏の境界線」では、客席一面がかつてのグループカラーであった緑に。ライブの定番曲「キツネ」に続く「ハッピーオーラ」では、気球やゴンドラに乗ったメンバーが客席へと近づき、「窓を開けなくても」「こんなに好きになっちゃっていいの?」「抱きしめてやる」まで、ノンストップのパフォーマンスを展開した。

 MC明け、けやき坂46時代の青い制服を着た一期生が「こんな整列を誰がさせるのか?」「My god」を披露。続く二期生と三期生の上村ひなのが「Dash&Rush」で会場内を縦横無尽に駆け抜け、「未熟な怒り」では二期生がしっとりと見せた。そしてカラフルな衣装に身を包んだ上村と高橋未来虹(高は正式には「はしごだか」)、森本茉莉、山口陽世の三期生4人は、「この夏をジャムにしよう」「Right?」でフレッシュなパフォーマンスを繰り広げた。

 間髪入れずに披露した一期生によるバラード「それでも歩いてる」で会場の空気はしっとりと変わり、再びグループとしてのパフォーマンスへ。「アザトカワイイ」「ソンナコトナイヨ」に続く「君しか勝たん」の間奏では、メンバーが大掛かりなセットを駆使するイリュージョンを繰り広げた。

 その後も、一期生による「永遠の白線」や、けやき坂46時代の制服を着た二期生による「半分の記憶」、全体での「ってか」とパフォーマンスは続き「NO WAR in the future 2020」「誰よりも高く跳べ!2020」を熱唱。

 「JOYFUL LOVE」では、ピンク、赤、オレンジ、イエロー、緑、空色、バイオレットと客席が色鮮やかなサイリウムの光で照らされ、曲中では、会場後方のサブステージ上で佐々木久美が「おひさま(日向坂46ファンの愛称)の皆さんと、この約束の地で会えたこと。何よりも、皆さんと出会えたことが、私たちの人生にとって本当に宝物です。これからも、皆さんが作ってくださる虹のそばに歩いていきたいです」と吐露。

 拍手を受けながらメインステージへ戻ったあと、曲のアウトロに合わせて「(けやき坂46の結成から)3年目にデビューして、デビューしてから3年経って。本当に、すてきな景色を見られるとは思っていませんでした」と改めてつぶやいた佐々木久美。「皆さんがいなくてはここまで来られなかったと思います。これから先も、日向坂46は皆さんの虹とともに歩んでいきたいと思います。これからもずっと、おひさまでいてください」と観客に伝え、本編を締めくくった。

「ここからまた新しい場所を目指して」


 暗転した会場には、アンコールを待つ観客たちのスティックバルーンによる拍手が響き渡る。そこでスクリーンに映った7thシングル発売の告知VTRが終わると、ブラウンや白を基調とした衣装に身を包んだ21人のメンバーが登場した。

 サプライズで披露したのは、小坂がセンターを務める5月11日発売の7thシングル表題曲「僕なんか」。めまぐるしくフォーメーションを変え、曲中でスカートをひるがえしながら全員で華麗なターンを決めるなど、力強い歌声としなやかなダンスを組み合わせたパフォーマンスで客席を魅了した。

 直後のMCでは、佐々木美玲が小坂の肩に手をかけながら「こさかなが帰ってきて。今日はいませんけどね。見てくれているひよたん(濱岸の愛称)もいますし」と吐露。「みんなで心のこもったパフォーマンスをお届けできると思うので、7枚目のシングルも楽しみにしていてほしいなと思います」と新曲への思いを語った。

 グループの名前を冠した「日向坂」を歌い終えて、再び舞台裏へ戻ったメンバーたち。観客からの握手を受けてのダブルアンコールでは、メンバーを代表して佐々木久美が感想を述べた。

 公演を振り返った佐々木久美は「東京ドームってすごい特別な場所で、すごい楽しみにしていたんですけど、うまくいかないなっていうこともすごくあって。でも、そういう思いをしているのは、自分だけじゃないっていうのがすごい、心を強くしてくれるというか。メンバーももちろん、おひさまの皆さんも同じ気持ちでこういう空間を作り続けてくれている」と感謝。

 スクリーンには涙を浮かべるメンバーも映る中、佐々木久美は「今日ここが新たな出発の場所となりました。ここからまた新しい場所を目指して、皆さんと一緒に夢を叶え続けていきたいと思います。これからも日向坂46をよろしくお願いします!」と力強く宣言した。

 公演のラストを飾ったのは、東京ドーム公演への夢を乗せてけやき坂46時代から歌い上げてきた「約束の卵」。全28曲を披露し終えて横一列になったグループは、客席に向けて地声で「ありがとうございました!」と叫び、笑顔でステージをあとにした。

 日向坂46「3周年記念MEMORIAL LIVE〜3回目のひな誕祭〜」最終日のセットリストは以下の通り。

OVERTURE
M1:キュン
M2:ドレミソラシド
M3:おいで夏の境界線
M4:キツネ
M5:ハッピーオーラ
M6:窓を開けなくても
M7:こんなに好きになっちゃっていいの?
M8:抱きしめてやる
M9:こんな整列を誰がさせるのか?
M10:My god
M11:Dash&Rush
M12:未熟な怒り
M13:この夏をジャムにしよう
M14:Right?
M15:それでも歩いてる
M16:アザトカワイイ
M17:ソンナコトナイヨ
M18:期待していない自分
M19:君しか勝たん
M20:永遠の白線
M21:半分の記憶
M22:ってか
M23:NO WAR in the future 2020
M24:誰よりも高く跳べ!2020
M25:JOYFUL LOVE

<アンコール>
EN1:僕なんか
EN2:日向坂
<ダブルアンコール>
EN3:約束の卵

関連記事(外部サイト)