中条あやみ&飯豊まりえ、美しすぎる“獄中ショット”「牢屋見つけて 二人で入ってみた」

中条あやみ&飯豊まりえ、美しすぎる“獄中ショット”「牢屋見つけて 二人で入ってみた」

(左から)中条あやみ、飯豊まりえ クランクイン!

女優の中条あやみが3月31日に自身のインスタグムを更新し、飯豊まりえと牢屋のセットに入っての“美しすぎる2ショット”を公開している。

 日本テレビとHuluによる共同制作のドラマ『君と世界が終わる日に』Season3に出演している中条。「明日、season3最終回、配信スタートです」と報告すると、「 ここまでの #きみせかを 素敵なキャスト、スタッフの皆さんと一緒に撮影でき 本当に良かったなと。 しみじみ」と最終回を迎えることの思いをつづると、「みんなでつくり上げてきたこの作品を、最後まで見届けてほしいです」とアピールした。

 「かなえとくるみの珍しい組み合わせ セットの牢屋見つけて 二人で入ってみた」と投稿しているのは、出演している飯豊と、牢屋のセットに入っての2ショット。シリアスな本編とは打って変わり、にこやかな表情で写真に写る2人。3枚目では、顔を寄せ合い変顔を披露している。

 『君と世界が終わる日に』は、生きる屍=ゴーレムに占拠された終末世界を描く“極限の人間ドラマ”。中条は主人公・響(竹内涼真)の恋人で、ゴーレムウイルスのワクチン開発の実験台となっていた元研修医・小笠原来美を、飯豊は響と共に終末世界を生き抜いてきた元女子大生・柊木佳奈恵を演じている。

引用:「中条あやみ」インスタグラム(@nakajo_ayami)

関連記事(外部サイト)