“極道”玉木宏vs“マフィア”吉田鋼太郎のバトル勃発!? 『極主夫道 ザ・シネマ』本予告解禁

“極道”玉木宏vs“マフィア”吉田鋼太郎のバトル勃発!? 『極主夫道 ザ・シネマ』本予告解禁

『極主夫道 ザ・シネマ』本ポスター(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会

俳優の玉木宏が主演する映画『極主夫道 ザ・シネマ』が、6月3日より公開されることが決定。濃すぎるキャラクターが勢ぞろいする本予告と本ポスターが解禁された。

 本作は、おおのこうすけによる累計550万部の同名漫画を原作に、2020年放送されたドラマ『極主夫道』 (読売テレビ・日本テレビ系)の劇場版。

 数々の伝説を残した最凶の極道 “不死身の龍(玉木)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、こわもてにグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身に着け、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を懸け、時にはご近所のトラブルに奮闘。玉木が全身全霊、爆笑アクションを連発で演じる“史上最強の主夫”が映画になって帰ってくる。

 本作では、川口春奈が演じる龍の妻・美久、志尊淳演じる龍の元舎弟・雅をはじめ、強烈なキャラクターたちがドラマから続投。そして映画版では新たに、吉田鋼太郎、松本まりか、安達祐実、新川優愛、渡辺邦斗、猪塚健太、藤田朋子が参戦している。

 本予告は、伝説の最凶の極道から専業主夫になった龍が、自治会費の集金のためイタリア風味のマフィア・近藤(吉田)の事務所を訪れるところからスタート。極道時代の外見が誤解を生んだり、アクションを派手に決めるもののなぜか警察官に追われ困惑する龍。やがて、龍と“イタリア風味のマフィア”のバトルが勃発し、その上「龍が大好きじゃ」と宣言する元レディースの虎春(松本)と美久の恋のバトルも発生する。そんな美久をポンコツ嫁と言い放ち、ビンタをくらう雅(志尊)のお約束の姿も。

 映像の後半からは、Creepy Nutsによる主題歌「2way nice guy」が流れる中、「マンマミーア!」と叫ぶラスボス・近藤、「つぶれたトマトみてぇになりてぇか!」とドスをきかせるかりゅう保育園の白石園長(安達)、「ひき肉にしちゃるけーの!」と啖呵を切る虎春、など濃すぎるキャラたちが躍動し、お祭り感を加速させていく。

 さらに、龍の宿命のライバルにしてクレープ屋の虎二郎(滝藤賢一)、婦人会の田中(MEGUMI)の“分身”、極道事務所「天雀会」会長の江口菊次郎(竹中直人)とその妻・雲雀(稲森いずみ)らが登場しろくでもないことに巻き込まれる様子が続々と映し出され、最後は美久が極道時代の言動丸出しの龍にヘッドロックをかける場面で締めくくられている。

 本ポスターは、「夏だ!祭りだ!カチコミだー!」 「笑いの頂上決戦、開幕!」というコピーとともに、濃すぎるキャラが全員集合したもの。龍が手にする弁当は、「たまやー」という掛け声とともに夜空に打ち上げられた花火を表現した渾身の作となっており、お祭り感満載の楽しいビジュアルとなっている。

 映画『極主夫道 ザ・シネマ』は、6月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)