柴咲コウ演じる美しき女主人が妖しく艶やかに登場 『ホリック』四月一日&侑子の初対面シーン解禁

柴咲コウ演じる美しき女主人が妖しく艶やかに登場 『ホリック』四月一日&侑子の初対面シーン解禁

映画『ホリック xxxHOLiC』場面写真(C)2022 映画「ホリック」製作委員会(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

俳優の神木隆之介と女優の柴咲コウがダブル主演する蜷川実花監督の映画『ホリック xxxHOLiC』より、神木演じる四月一日と柴咲演じる【ミセ】の女主人・侑子が初めて出会う本編シーンが初解禁された。

 創作集団CLAMPの大ヒット漫画を実写化する本作は、人の心の闇に寄りつくアヤカシが見えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)が、対価と引き換えにどんな願いもかなえてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様を描くファンタジー作品。

 今回解禁された本編映像は、四月一日と侑子の初対面の場面で、劇中序盤に登場する。

 美しいチョウに導かれるように【ミセ】にたどり着いた四月一日。そこで出会ったのは妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子だった。突然の出来事に戸惑いを隠せない四月一日に対し、「どんな願いもかなえてあげる。ただし、対価を頂く。与えられた者にはすべからくそれに見合うだけの代償がいるの。何かを得るには対価が必要。それがこの世界のルール」とこの世の道理を説く侑子。

 柴咲のりんとした存在感が、どこか夢の中のような不思議な存在である侑子というキャラクターに説得力を持たせている。また、完璧なまでにこだわり抜いた美術や衣装、装飾も見どころだ。

 演じた柴咲は「圧倒的なビジュアルの奥には、人の業について考えさせられる素晴らしいセリフがたくさんあります。願いを叶えるために対価が必要であることや、この世に偶然なんてなくてすべてが必然であること。責任重大な選択を毎日、毎秒、みんながしている、そんなことを考えながら演じました」と明かしている。

 映画『ホリック xxxHOLiC』は、4月29日より全国公開。

関連記事(外部サイト)