『ワイルド・スピード10』オスカー女優ブリー・ラーソンが出演 「ファミリーへようこそ」

『ワイルド・スピード10』オスカー女優ブリー・ラーソンが出演 「ファミリーへようこそ」

ブリー・ラーソン、『ワイルド・スピード』第10弾に出演(C)AFLO

人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第10弾に、オスカー女優で『キャプテン・マーベル』などで知られるブリー・ラーソンが出演することが明らかになった。

 主演でプロデューサーも務めるヴィンが、自身のインスタグラムにブリーとの2ショットを投稿し、発表した。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』でブリーと共演をしているヴィンは、キャプションで「オレの肩越しで爆笑させてくるエンジェルを見て、『キャプテン・マーベルだ』と思ってることだろう。この写真には間違いなく愛と笑いがある。だけど、彼女が『ワイスピ10』に登場するとは思わないだろう?」とコメント。

 続けて、「俺たちの神話に彼女が参加することが、どれほど素晴らしく、色褪せないものになるか想像もつかないだろう。彼女の美と知性、そしてオスカーを越えて、この深い魂が、みんなが予想していなかった、しかし思い焦がれていたものをきっともたらしてくれるだろう。ブリー、ファミリーへようこそ」とファンに紹介した。

 2001年に第1弾が公開された『ワイルド・スピード』は、シリーズを追うごとに人気と注目度が上がり、それに伴い映画のスケールもアップ。上空や氷上で繰り広げられるド派手なカーアクションとともに、シリーズを通してのテーマであるファミリーの絆も大きな魅力だ。

 第10弾は、これまでシリーズ5作品でメガホンを取ったジャスティン・リンが監督を務め、ヴィンはじめ、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ミシェル・ロドリゲス、サン・カン、『ワイルド・スピード ICE BREAK』からヴィランとして出演するシャーリーズ・セロンに加え、ジェイソン・モモアの参加が発表されている。

 2023年5月19日に全米公開予定。

引用:「ヴィン・ディーゼル」インスタグラム(@vindiesel)

関連記事(外部サイト)