ミッキー・ローク主演、アクション・ホラー大作『ウォーハント 魔界戦線』予告解禁

ミッキー・ローク主演、アクション・ホラー大作『ウォーハント 魔界戦線』予告解禁

映画『ウォーハント 魔界戦線』場面写真(C)2021 OU WARHUNT FILMS.ALL RIGHTS RESERVED.

俳優のミッキー・ロークが主演を務めるアクション・ホラー映画『ウォーハント 魔界戦線』より、予告編が解禁された。

 第2次大戦末期が舞台の本作は、墜落した輸送機を捜索するためドイツの森に踏み込んだ米兵たちが、血も凍る恐怖に遭遇していく戦慄のアクション・ホラー大作。神出鬼没に次々と姿を変える呪霊や、不気味なカラスの大群などをハイクオリティなVFXで描く場面も大きな見どころとなっている。

 主演は、『ナインハーフ』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』でスターとなり、その後も『レスラー』『アイアンマン2』など、長年にわたり活躍を続けているミッキー・ローク。そのほか、ヒットドラマ『プリズン・ブレイク』シリーズの“ティーバッグ”役で知られるロバート・ネッパー、『トワイライト』サーガのジャクソン・ラスボーンらが共演する。監督は『ウェズリー・スナイプス コンタクト』などを手掛けた、アクション演出に定評のあるマウロ・ボレッリ。

 1945年。連合軍の輸送機が、カラスの大群に襲われドイツ南部の森林地帯に墜落した。捜索に向かうことになった米軍のブリューワー軍曹(ロバート)に、ジョンソン少佐(ミッキー)は、ウォルシュ(ジャクソン)という特務兵を連れてゆくよう命じる。輸送機には極秘情報が積まれており、ウォルシュの任務はその回収だった。捜索隊は森の中を進み、遭遇したドイツ部隊と交戦。だが、敵の様子がおかしい。正気を失い、廃人のような状態だったのだ。

 捜索隊は、墜落機の残骸を発見。奇妙なことに、乗員の死体は見当たらなかった。そして、奇怪な事態が起き始める。兵士たちは幻覚を見るようになり、美しい女の呪霊に誘惑され、狂気に囚われてゆく。やがて殺し合いが始まり、森から逃れられない兵士たちは次々と命を落としてゆく。そして生き残った2人、ウォルシュとフリーマンは、森の奥で不気味な廃屋を発見する。

 そこでウォルシュは、恐るべき真実を語る。輸送機に積まれていたのは、『魔女の記録』。それはヒトラーが追い求める“永遠の生命”の秘密が記された極秘文書だった。廃屋には、呪いの源である“生命の木”が。そして兵士の血によって魔女が復活した時、本当の“地獄”がその扉を開く…。

 予告編は、ジョンソン少佐から、墜落した米軍の輸送機に積まれた機密文書を回収する極秘任務を受けた米兵が、敵地であるドイツの森を探索するシーンからスタート。ドイツ軍に遭遇し戦闘が始まるが、殺したはずの敵が、なぜか生き返り再び襲い掛かってくる。その敵の体には古代魔術の記号が書かれていた。徐々に森の異変を感じ取る米兵たち。コンパスが正しく作動せず、森から出られない。美しい女の呪霊。そこには目に見えない“何か”が潜んでいた。

 そしてようやく見つけ出した機密文章“魔女の記録”。そこには呪いの源である“生命の木”について書かれていた。「敵は『魔女の記録』の継承者だ」。終盤では、“生命の木”が不気味にそそり立つ様子や、ジョンソン少佐をはじめとする兵士らが激しい戦いが繰り広げる様子がスピーディーに展開し、最後はカラスの大群が映し出されて終了。果たして、見えない敵の正体とは。そして彼らは生き延びることが出来るのか。

 映画『ウォーハント 魔界戦線』は、5月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)