中村倫也、“覇権”で自信あるのは「手を振るスマイル」 実演に吉岡里帆ら大爆笑

中村倫也、“覇権”で自信あるのは「手を振るスマイル」 実演に吉岡里帆ら大爆笑

映画『ハケンアニメ!』完成披露上映会イベントにて クランクイン!

俳優の中村倫也が14日、都内で実施された映画『ハケンアニメ!』の完成披露上映会イベントに、主演の吉岡里帆、尾野真千子、吉野耕平監督、原作者の辻村深月と共に登場。“覇権レベル”で自信あるのは「手を振るときのスマイル」と答え、実演して吉岡らを笑わせた。

 本作は、直木賞作家・辻村の同名小説を原作とする青春エンタメストーリー。一世一代の大チャンスを掴んだ新人アニメ監督・斎藤瞳(吉岡)が、天才ワガママ監督・王子千晴(中村)らと、最も成功したアニメの称号=「ハケン」(覇権)の称号をかけて戦いを繰り広げる様を描く。

 主演の吉岡は、中村や尾野など共演者との関係について「クランクインするまでめっちゃ緊張していた。ストイックというか、怒ったら怖そうだな…みたいな。柄本(佑)さんを含めて尊敬しているので、畏怖の念みたいなものがあった」と吐露。「でも3人ともめっちゃ三枚目で、けっこうビックリしました。けっこう驚がくでした。本当に! ずっと面白いこと言っている。すごい楽しい現場でした。みなさん最高です」と語った。

 それを受けて中村は、撮影直後に吉岡と舞台で共演したと説明して「そのときに(吉岡に)言われました。『映画の現場ではたぶん仲良くなれないだろうなと思った』って」と暴露。

 たまらず吉岡が「それ言うの、本当にやめてください!」とたしなめ、「すごいフランクに話してくださるんですけど、(『ハケンアニメ!』の撮影では)こっちは(役の)王子として見ているから、緊張感があるんですよ。でも(中村が)ふざけて話すから、距離感が分からない。はじめは遠近感が合わなかったんです」と補足。中村は「それを言ってくれるくらい、すっかり仲良くなりました」とほほ笑んだ。

 さらに中村は、本作にちなんで“これだけは負けない、覇権をとれるもの”を問われて、イベント時に行われるマスコミ向けのフォトセッションに言及。「スチールさん(写真のカメラマン)が撮った後、奥のムービーのカメラに向かって『手を振ってください』となる。それが各番組やウェブサイトの映像になる。そこのムービーさんのカメラに対する、手を振るスマイル。それがまぁ、覇権をとれるのでは」と高らかに宣言。

 終盤のフォトセッションで中村は、期待を裏切らぬ手振りの笑顔を生披露。吉岡ら登壇者の大笑いを誘い、観客からは万雷の拍手を受けた。

 イベントでは、超クセ者プロデューサー・行城理を演じた柄本佑のコメント映像も披露された。

 映画『ハケンアニメ!』は5月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)