家康役の松本潤、同じ歳の友人・山田孝之との初共演「本当にうれしい」

家康役の松本潤、同じ歳の友人・山田孝之との初共演「本当にうれしい」

NHK大河ドラマ『どうする家康』出演者発表会見に出席した松本潤(C)NHK

2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』出演者発表会見が15日にリモートで行われ、主人公・徳川家康役を務める松本潤をはじめ、大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、板垣李光人、音尾琢真、広瀬アリス、山田孝之、松重豊ら新たに出演が発表になったキャストが登壇。松本がプライベートでも交流があり、同じ歳の山田孝之との初共演を歓喜した。

 大河ドラマ第62作の本作は、ひとりの弱き少年が乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や『コンフィデンスマンJP』シリーズの脚本家・古沢良太が新たな視点で徳川家康の生涯を描く。

 本作では、家康を“ナイーブで頼りないプリンス”として表現するが、今回明らかになったキャスト陣は家康とともに「どうする?」と考え、困難を乗り越える「チーム家康」のキャラクターたちとなる。主演の松本は、「戦国オールスターズでたくさんの武将が出てくる作品になりますが、それと同時にチーム家康がどんな風に描かれるかというところもポイントになってくると思う」と語り、今回発表されたキャスト陣を「心強く、個性豊かなメンバー」とニッコリ。
 
 山田孝之は、忍者の代表・服部半蔵/正成役を演じるが、「今回の出演者の中で一番難しい役だと思うのですが」と言って笑いを誘い、「忍者のような気がするけど忍者じゃない、でもなんか忍者っぽいという絶妙な塩梅を、ここ22、3年(俳優業を)やってきた僕のテクニック全てを注ぎ込んでやろうと思います」と気合十分に明かす。

 また、友人でもある松本との初共演について「うれしいですね。1983年の同い年生まれで、デビューも99年と同じ。やっとお芝居で共演できるのはうれしいですが、多分彼(松本)のほうがうれしいと思います」と笑顔で明かすと、松本も顔をほころばせながら「そうですね」と認め、「一緒にできると話を聞いた時は本当にうれしくて、『ありがとう』と連絡しました」とピソードを披露。さらに松本は「長丁場一緒に過ごせるのは、プライベートでも一緒に居るからこそ、すごく刺激をもらえると思う。彼はすごい気合いを入れて現場をかき乱すとかき回すと思うので、それを楽しみながらできたら」と共演を期待していた。

 クールな貴公子・榊原康政役の杉野と、二代将軍・秀忠の母“於愛の方”役の広瀬は、大河初出演。杉野は「緊張していますが、楽しみな気持ちが大きい」と笑顔を見せ、広瀬は「大河や朝ドラは憧れがあって、うれしかったです」と感慨深い様子で明かしていた。

 ほか、家臣団のリーダー・酒井忠次役を大森、最強サムライの本多忠勝役を山田裕貴、井伊谷からやってきた美少年・井伊直政役を板垣、徳川ラブの明るく熱い忠義者・鳥居元忠役を音尾、交渉人の石川数正役を松重が演じることに。さらに会見では、大久保忠世役で小手伸也、平岩親吉役で岡部大、鳥居忠吉役でイッセー尾形の出演も発表された。
 
 大河ドラマ『どうする家康』は、NHK総合ほかにて2023年放送。

関連記事(外部サイト)