ウイルスが突然変異し感染者が狂暴化 台湾発ホラー『哭悲/THE SADNESS』7月上陸

ウイルスが突然変異し感染者が狂暴化 台湾発ホラー『哭悲/THE SADNESS』7月上陸

映画『哭悲/THE SADNESS』ティザービジュアル(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

世界のジャンル系映画祭を席巻した台湾発のホラー映画『THE SADNESS(英題)』が、邦題を『哭悲(こくひ)/THE SADNESS』として、7月に全国公開されることが決定。併せてティザービジュアルと特報映像が解禁された。

 本作は、感染者の凶暴性を助長する謎のウイルスの感染拡大により、暴力であふれ返る台湾を描くエクストリーム・ホラー。

 監督を務めたのは、本作が長編初監督となるロブ・ジャバズ。大のホラー映画好きでもある彼は、さまざまな名作ホラーからインスピレーションを得て、パンデミックを経験した後の世界で目を背けたくなるような暴力が横行するという、決して絵空事とは言い切れない衝撃的な映画を創り上げた。

 そんな本作は、徹底されたゴア描写とスリル満点のストーリーテリングが話題を呼び、ジャンル映画の権威であるシッチェス・カタロニア国際映画祭のMidnight X-Treme部門に正式出品されたほか、ファンタジア国際映画祭では初監督作品を対象とするNew Flesh Award for Best First Feature部門で最優秀映画賞を受賞するなど、各国の映画祭を席巻した。

 謎の感染症に長い間対処し続けてきた台湾。専門家たちに“アルヴィン”と名付けられたそのウイルスは、風邪のような軽微な症状しか伴わず、不自由な生活に不満を持つ人々の警戒はいつしか解けてしまっていた。ある日、ウイルスが突然変異し、人の脳に作用して凶暴性を助長する疫病が発生。感染者たちは罪悪感に涙を流しながらも、衝動を抑えられず思いつく限りの残虐な行為を行うようになり、街は殺人と拷問であふれ返ってしまう。そんな暴力に支配された世界で離ればなれとなり、生きて再会を果たそうとする男女の姿があった。感染者の殺意から辛うじて逃れ、数少ない生き残りと病院に立てこもるカイティン。彼女からの連絡を受け取ったジュンジョーは、独りで狂気の街をさまよい始める。

 ティザービジュアルは、地獄と化した街を上空から捉えており、あちこちで立ち上る煙と街全体を飲み込む異様な雰囲気に不安をあおられる。建物の屋上には不気味な人物がたたずんでいるが、その服にこびり付いた大量の血は自身の負傷によるものなのか、あるいは誰かの返り血か…。

 特報映像は、けがを負った女性たちに感染者が迫り来る様子を映し出す。体勢を崩し倒れ込んでしまう女性たちとそれを追い詰めるように現れるスーツ姿の男。男は「やっと見つけたぞ」と難なく人の言葉を発するものの、真っ黒に染まった瞳と大量に付着した血、さらに手に凶器を握っている様子はどう見ても異常だ。おびえる女性たちめがけ男が走り出し、狭い通路に狂ったような声が響き渡ったところで映像は突然切れてしまう。彼女たちの運命、この街で何が起こっているのか、そして想像を絶する残虐行為であふれ返る台湾の行方は―。

 映画『哭悲/THE SADNESS』は、7月全国公開。

関連記事(外部サイト)