『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第2話、“康介”山田涼介が“可愛い”の延命に奔走

『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第2話、“康介”山田涼介が“可愛い”の延命に奔走

ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第2話より(C)テレビ朝日

Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演し、女優の芳根京子がヒロインを演じるドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系/毎週土曜23時30分)の第2話が今夜放送。第2話では、康介(山田涼介)の“可愛い”の終わりが始まる!? すべての歯車が狂い始め、康介が動揺する。

 本作は、山田演じる「かわいい」を武器に生きてきた<あざかわ男子>丸谷康介と、芳根演じる26年恋愛経験ゼロの<ロボット女>真田和泉という、キュンすることが難しい不器用なオトナ2人の遅すぎる初恋を描くラブコメディー。山田、芳根のほか、大橋和也(なにわ男子)、鞘師里保、迫田孝也、西田尚美、古田新太らが出演する。

■第2話あらすじ

 “未来からやってきた30年後の自分”を名乗るおっさん(古田新太)と出会った弥生ビールの営業マン・丸谷康介(山田涼介)。自分とは似ても似つかないおっさんが30年後の自分の姿とはにわかに信じられない康介だが、まったく同じ場所に同じ形のヤケドの跡があったことを思い出し、イヤな予感にガクブル…。

 さらに康介は、そのおっさんが発した「可愛い人生もここまで。この可愛いももうすぐ終わっちゃう」という予言めいた言葉どおり、取引先から異動してきたばかりの若手社員・一ノ瀬圭(大橋和也/なにわ男子)に担当を替えてほしいと言われたり、恋人・森保莉子(鞘師里保)にフラれるなど、次から次へと不穏な事態に見舞われる。

 翌日、すべての歯車が狂い始めたことに激しく動揺、モヤモヤしたまま出社した康介は、部長・山室つかさ(西田尚美)から新たに「せいかつドラッグ」という取引先を担当するよう指示される。コンビを組む真田和泉(芳根京子)とともに、せいかつドラッグの本社に向かった康介だが、山の中にポツンと佇む倉庫のような建物を前にぼう然としてしまう…。しかし、あいさつをした社長(きたろう)から、「可愛い」とベタぼめされ、少し自信を取り戻す。まだ自分の“可愛いバイアス”が失われていないことにホッとする康介だが…!?

 オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時30分放送。

関連記事(外部サイト)