カイ・シデンが問題だらけのWBクルーを解説 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』63秒動画

カイ・シデンが問題だらけのWBクルーを解説 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』63秒動画

63秒でわかる『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ビジュアル(C)創通・サンライズ

6月3日より全国公開されるアニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』を、『機動戦士ガンダム』の人気キャラクター・カイ・シデンが高速で解説する63秒動画が解禁。作品の人物相関図も初公開された。

 本作は、1979年に放送された日本ロボットアニメの金字塔にしてガンダムの原点『機動戦士ガンダム』でひと際異彩を放つ第15話「ククルス・ドアンの島」を映画化。今でもファンの心に残り伝説のエピソードと呼ばれている。お馴染みのホワイトベースの仲間たちが登場するほか、最新のアニメーションで描かれる大迫力の地上戦、モビルスーツアクションが展開する。

 監督を務めるのは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、累計発行部数1000万部を超える漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手掛けた安彦良和。メカニカルデザインを大河原邦男、カトキハジメ、山根公利、制作をサンライズが担当する。

 メインキャストとして、アムロ・レイ役の古谷徹、ククルス・ドアン役の武内駿輔をはじめ、成田剣、古川登志夫、潘めぐみ、中西英樹、池添朋文、新井里美、福圓美里らが出演する。

 解禁された映像では、作中で“軟弱者”認定されたカイ・シデン(CV:古川登志夫)が、公開日の6月3日にちなんで63秒で「ククルス・ドアンの島」をテレビアニメ放送当時の映像とともに紹介。さまざまな問題が山積みのホワイトベースクルーを揶揄しながら、軽快なテンポと親しみのある言葉で本作の見どころを解説している。

 そして、カイが「敵ながら天晴れ」と絶賛するドアンザクの格闘戦も。ガンダムvsザク、ザクvsザク、そしてハヤトvs謎の敵…その正体は? ガンダムファンはもとより、ガンダムに初めて触れる人も楽しめる映像となっている。

 併せて解禁された人物相関図には、ホワイトベースクルー、ドアンと島の子供たちを中心に、本作をより楽しむことができる登場人物たちの関係が図解されている。

 アニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は6月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)