TWICE、約2年ぶりの来日公演・東京ドーム3daysを完走 「ここに立たせてくれてありがとう!」

TWICE、約2年ぶりの来日公演・東京ドーム3daysを完走 「ここに立たせてくれてありがとう!」

東京ドームで開催された「TWICE 4TH WORLD TOUR 'III' IN JAPAN」ライブ写真 撮影:田中聖太郎

アジア発9人組ガールズグループ・TWICEが、約2年ぶりの来日公演となった、自身4度目のワールドツアー「TWICE 4TH WORLD TOUR ‘III’ IN JAPAN」の東京ドーム3daysを完走。韓国デビューしたガールズグループとして、初の東京ドーム3日間連続公演という記録を樹立した。

 2021年12月25日の韓国公演を皮切りに、米・5都市7公演でも開催された本ワールドツアーの日本公演が4月23日、24日、追加公演となった25日の3日間にわたり東京ドームにて開催され、約15万人を動員。チケット応募総数70万枚を超えるプレミア公演となった。

 1曲目は、TWICE史上初の全編英語歌詞で世界的ヒットとなった「The Feels」からスタート。日本公演用に用意された、赤の衣装に身をまとい、クールに登場したTWICE。アップテンポなダンスチューン「The Feels」に乗せて、会場は“CANDYBONG Z”(※公式ペンライト)の光と熱気の渦に飲み込まれた。

 メンバーは、「ONE IN A MILLION TWICEです!」と元気よくあいさつ。ナヨンは、「ONCE!(※ファンの呼称) 私達TWICEを待っていてくれましたか! 私達も皆さんに会うのを楽しみにしていました! 今日は皆さんをハッピーにするステージをお見せします!」と意気込みを。チェヨンは、「今日は最高のステージを用意しています! 最後まで、ワクワク、ドキドキしながら楽しんでくださいね!」と話した。

 続けて、「SHOT CLOCK」で、黒が基調のシックな衣装で登場。ダイナミックなステージングで圧倒的な存在感を魅せた。「SCIENTIST ‐Japanese ver.‐」で始まるパートでは、「What is Love?」「KNOCK KNOCK」「Heart Shaker」といった人気曲や、メインプロデューサーを務める、J.Y.Parkが作詞・作曲で話題となった、「Alcohol‐Free」といった楽曲を披露。TWICEらしいキュートなトリックと、夏を感じさせるようなポップで、華やかな演出でパフォーマンスを行った。

 そして、2021年に韓国でリリースされた、3rdフルアルバム『Formula of Love: O+T=<3』から、グループ初のユニット曲、「PUSH & PULL」(ジヒョ、サナ、ダヒョン)、「HELLO」(ナヨン、モモ、チェヨン)、「1, 3, 2」(ジョンヨン、ミナ、ツウィ)の3曲も披露。「HELLO」では車を使用したド派手な演出で、会場を盛り上げた。

 アンコールはトロッコに乗って登場。日本オリジナル配信曲「Just be yourself」と、自身3枚目の日本オリジナルアルバムとして話題となった、「Perfect World」の2曲を披露。「Perfect World」はどんな状況でも、動じない“強い女性”を表現した一曲で、今までのイメージを覆す楽曲。スピード感があり力強い曲調で会場を盛り上げた。

 2曲を歌唱し終えたTWICEは、1人ずつファンに向けてメッセージを。ツウィは、「最後に、東京ドームに来たのは3年前ですが、今日はONCEのみんなに会えてうれしいです。いつも応援してくれてありがとうございます。私達はいつも皆さんにパワーをお届けしたいと思っています。だからこれからも頑張ります! 皆さんには私達のファンである事を誇りに、幸せに思ってほしいです。改めていつも応援してくれてありがとうございます。私達TWICEをここに立たせてくれて本当にありがとうございます! また会える事を楽しみにしてます!」と述べた。

 さらには本ツアーの名物企画、ルーレットで当たった楽曲を披露するという企画で、「HAPPY HAPPY」「Fake & True」「LUV ME」の3曲を披露。歌唱後、感極まったメンバーの目には大粒の涙が見えた。そのまま、最後の1曲はまだ日本で生披露できていなかった、「Kura Kura」をメンバーが選び、最後の1曲を締めくくった。

 なお最終日公演終了後、会場で緊急告知として、7月27日リリースの自身4枚目の日本オリジナルアルバムのタイトル&ビジュアルをサプライズ発表。

 公開されたアルバムタイトルは、日本4thアルバム『Celebrate』。“Celebrate(祝う)“という名前の通り公開されたビジュアルは、2022年で日本デビュー5周年を迎えるTWICEをお祝いしているかのような華やかでゴージャスなデザインとなっている。また、タイトル曲「Celebrate」には、メンバーが歌詞の世界観にアイデアを出し、J.Y.Parkが作詞に参加している。

関連記事(外部サイト)