巨匠ナンニ・モレッティ監督最新作 同じ建物に暮らす3家族の物語『3つの鍵』公開決定

巨匠ナンニ・モレッティ監督最新作 同じ建物に暮らす3家族の物語『3つの鍵』公開決定

映画『3つの鍵』ポスタービジュアル(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

イタリアの巨匠ナンニ・モレッティ監督の最新作『Tre piani(原題)』が、邦題を『3つの鍵』として、9月16日より全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、ローマの同じアパートに住む3つの家族の運命が紡ぐ、濃密でスリリングな物語。原作であるイスラエルの作家エシュコル・ネヴォの『Three floors up』の舞台をローマに移し、3つの物語を3つの時間を軸に再構成。デビュー以来一貫してオリジナル作品を手掛けてきたモレッティ監督にとって、初の原作映画化となる。カンヌ国際映画祭監督賞受賞の『親愛なる日記』、最高賞パルム・ドール受賞の『息子の部屋』に続き、同監督の7作連続でのコンペティション部門正式上映作品となった。

 ローマの高級住宅地のアパートに暮らす3つの家族。ある夜の交通事故をきっかけに、扉の向こう側に隠された顔があらわになり、それぞれの選択がもたらす運命の行方が描かれる。扉を固く閉ざしてしまった彼らの、未来への扉を開く鍵は何なのか?

 キャストには、『夫婦の危機』からモレッティ作品の常連マルゲリータ・ブイ、『あしたのパスタはアルデンテ』のリッカルド・スカマルチョ、『幸福なラザロ』のアルバ・ロルヴァケルら、イタリア映画界を牽引する演技派俳優たちが競演。リアリティーを出すためと監督が語る抑制された演技で濃密な時間を生み出した。

 モレッティ監督は「この作品は、同じ建物に暮らす3つの家族の物語です。登場人物たちは脆く、恐怖や強迫観念に駆られ、時に極端な行動をとってしまいます。選択と行動が、自分の人生や大切な人たちにどのように影響するかを描いています。私たちがいかに孤立した生活を送り、コミュニティから自分を疎外するようになってしまったのか―この映画は私たちを外の世界へと心を開くように誘っているのです」とのコメントを寄せている。

 ポスタービジュアルは、アパートの2階に暮らす、不安げな表情のモニカ役アルバ・ロルヴァケルを、夫役のアドリアーノ・ジョンニーニが手で優しく包み込む場面を中心に、同じアパートメントに暮らす住人たちの思案する表情をコラージュ。不吉なカラスをアクセントに「人生の謎を解く鍵はいくつもある」というコピーを添え、ミステリアスな雰囲気を表現している。アパートの住人たちが大きな運命にほんろうされながら、それぞれの人生に立ち向かう濃密なドラマを予感させるビジュアルだ。

 映画『3つの鍵』は、9月16日より全国公開。

関連記事(外部サイト)