なにわ男子・高橋恭平、デビュー後初出演の映画イベントで超緊張「生まれたての子鹿くらい足が震えている」

なにわ男子・高橋恭平、デビュー後初出演の映画イベントで超緊張「生まれたての子鹿くらい足が震えている」

映画『メタモルフォーゼの縁側』世界最速上映会イベントに登場した高橋恭平(なにわ男子) クランクイン!

なにわ男子の高橋恭平が27日、都内で催された映画『メタモルフォーゼの縁側』漫画から世界へメタモルフォーゼ!世界最速上映会イベントに、ダブル主演の芦田愛菜、宮本信子、そして狩山俊輔監督と共に出席。「すごく緊張して寝れなかった。今、生まれたての子鹿くらい足が震えている」と緊張まじりのトークを展開した。

 本作は、鶴谷香央理の同名漫画を原作とする青春ストーリー。17歳の女子高生・佐山うらら(芦田)と75歳の老婦人・市野井雪(宮本)が、BL漫画を通じて築く友情や挑戦を描く。

 今回、デビュー後初の映画出演にして、グループから離れて1人での出演。「昨日も、舞台あいさつがあるということで、すごく緊張して寝れなかった。今、生まれたての子鹿くらい足が震えている」と胸中を吐露。「メンバーが誰一人いないのは、こんなに緊張するんやなと思った。いざクランクインしたとき、めちゃくちゃ緊張してたんですけど、そういうときに現場の空気感がすごいほんわかんしていた。すごい温かかった。あとは狩山監督と別の作品で1回お世話になっていて、僕のことを分かってくれていた。僕が緊張しているときに『恭平、ウェイ!』『恭平、ジャンプ!』みたいなことを言ってくれて、元気づけてくれた。そういうこともあって緊張がほぐれた」と感謝した。

 共演した芦田については「ドシッとしていて、すごくしっかりしている。どっちが年上なのか分からなくなる。そのくらいしっかりしていて、毎回驚きでしたね」と称賛。

 高橋の答えに対して芦田が返しのトークを終えると突然、高橋は「一つ聞きたかったんですけど…」と言い、「今、僕は“愛菜ちゃん”と呼んでるんです。最初に会ったときは“さん”だった。でも“さん”はなかなか呼びづらいと思って、勝手に“ちゃん”づけに変えたんです。“ちゃん”と“さん”、どちらがいいですかね?」と楽屋トークを展開。芦田は突然の問いに笑いつつ「呼びやすいほうで呼んでいただいて大丈夫です」と大人の回答。それを聞いて高橋は「じゃあ“ちゃん”で行きます」と満面の笑みを浮かべた。

 本作にちなんで、推したいものを問われて「なにわ男子。この映画を機に、なにわ男子の名前がより広まればいいな。本日4月27日はですね、なにわ男子の2ndシングル『The Answer/サチアレ』の発売日になっております。ぜひ皆さんよければ…」とちゃっかり宣伝。グループ愛を見せた。

 映画『メタモルフォーゼの縁側』は、6月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)