「アバター」最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』邦題決定 5.4より特報上映

「アバター」最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』邦題決定 5.4より特報上映

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング写真(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2009年に公開され世界中で大ヒットした『アバター』の続編となる最新作『Avatar: The Way Of Water(原題)』の邦題が、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に決定した。さらに、9月23日より全世界的に前作『アバター』を改めて劇場公開することも発表された。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)、そしてジェームズ・キャメロン監督自身の『タイタニック』も上回る全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(2009)。当時、キャメロンは独自の革新的な3Dカメラを開発し、他の3D作品とは比較にならない驚異的なクオリティを実現。壮大な物語、未体験の感動と興奮、人類を究極の映像世界へと誘う『アバター』は世界中で大旋風を巻き起こし、日本国内においても歴代洋画実写興収ランキング4位、興行収入156億円を超える爆発的ヒットを記録した。

 『アバター』による圧倒的映像を最大限生かす視聴環境として日本の3D映画興行の普及は急速に加速し、社会現象を巻き起こした。本作はその後に続く劇場映画を新たな時代へ引き上げた事はもちろん、映画だけにはとどまらず3D映像の分野が躍進的に進化するなど、『アバター』の世界的な成功は興行収入の数字だけでは計り知ることはできず、まさに映像世界の歴史を変えたと言って過言ではない。

 そんなキャメロンが前作から実に13年もの時間、全精力を傾け続け、自ら創造した物語の舞台“惑星パンドラ”の世界で想像もつかない圧倒的な物語を構築。映像技術も飛躍的に進化させ、映画館だけが可能にする、今人類が創作可能な最高の映像体験を約束する。

 舞台は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の惑星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)とパンドラの先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の子どもたちからなる家族の物語が描かれる。一家は神聖なる森を追われ海の部族に助けを求めるが、その楽園のような海辺の世界にも人類の侵略の手が迫っていた。

 なお、5月4日より全国公開する『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で、本作の特報を上映予定。劇場でのみ、いち早く『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界を実体験することができる。

 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、2022年公開。全米では12月16日より公開。

関連記事(外部サイト)