『未来への10カウント』“桐沢”木村拓哉と“折原”満島ひかりの“指切り”に興奮「キュンとしちゃう」

『未来への10カウント』“桐沢”木村拓哉と“折原”満島ひかりの“指切り”に興奮「キュンとしちゃう」

ドラマ『未来への10カウント』第3話より(C)テレビ朝日

木村拓哉が主演するドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第3話が28日に放送され、桐沢(木村拓哉)と折原(満島ひかり)が指切りをする様子が描かれると、ネット上には「かわいい!」「キュンとしちゃう」といった反響が巻き起こった。

 本作は、生きる希望を失った元ボクサーの桐沢祥吾が、高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に生きる熱を取り戻し、人生を再起させていく姿を描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。

 ボクシング部の女子部員・水野あかり(山田杏奈)は、母・響子(吉沢梨絵)と2人で暮らしていた。そんなあかりの目下の悩みは、かつて一緒に暮らしていた義理の父・今宮(袴田吉彦)が、響子に強引に復縁を迫ってくること。今宮は、家に押しかけて来ると、響子やあかりに暴力を振るう。あかりは、そんな今宮から母親と自分を守るためにボクシングを続けていたのだった。

 ある日、基礎練習ばかりのボクシング部にもどかしさを感じたあかりは練習場を飛び出すと、桐沢の親友・甲斐(安田顕)が経営するボクシングジムで実践を学ぼうとする。桐沢はあかりの複雑な家庭環境を理解した上で、ジムでの練習を許可。一方、顧問の折原はあかりの悩みに寄り添いながらも、正規の教職員ではない桐沢が問題に深入りしつつあることを心配していた。

 ある日、あかりがジムで実践練習していることを知った折原は、それを勝手に許可した桐沢を問い詰める。折原は「桐沢先生の責任で、絶対ケンカはさせないと約束できますか?」と小指を差し出す。これに桐沢は「できます」と一言。すると折原は自分と“指切り”で約束するよう、無言で再び小指を差し出す。観念した桐沢は、自分の小指を彼女の小指に絡める。

 折原が念を押すように、小指に力を入れながら桐沢を見つめて「もう一人で勝手なことしないで」と語りかけると、ネット上には「やだ!ちょっと!指切りしてる!!」「キムタクと満島ひかりが!指切りげんまん!」などの声や「指切りかわいい!」「大人の指切りキュンとしちゃう」「尊い…」といったコメントが相次いだ。また「わー!!!指切りしたいよ木村くんと」「桐沢さんと指切りげんまんしてぇ〜」などの投稿も多数寄せられていた。

関連記事(外部サイト)