荒川弘描き下ろし『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』入場者特典ビジュアル解禁 第1弾はポスター再現

荒川弘描き下ろし『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』入場者特典ビジュアル解禁 第1弾はポスター再現

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』入場者特典カードビジュアル(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会

Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演を務める映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』2部作より、原作者・荒川弘が描き下ろした入場者特典のビジュアルが解禁された。第1弾はティザーポスタービジュアルの描き下ろし再現イラストカードとなっている。

 荒川による原作漫画『鋼の錬金術師』は、錬金術が存在する架空の世界を舞台としたダーク・ファンタジー。連載開始20周年新プロジェクトとして発表された実写2部作では、エドとアル兄弟の物語の最終章を、原作のままに映像化することにこだわった。国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』。国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれていく『最後の錬成』。物語の壮大なラストを描くには、どうしても2作が必要だったという。

 このたび解禁された映画入場者特典は、原作者の荒川による描き下ろしのスペシャルイラストカード。第1弾は本作のティザーポスタービジュアルの描き下ろし再現イラストで、公開日となる5月20日から22日までの3日のみ、先着限定で配布される。

 降りしきる雨の中、右腕の機械鎧(オートメイル)を破壊され、がくぜんとした表情で膝をつくエドと、その奥でよろいの体を破壊されて倒れこむアルのイラスト、さらには、分解の錬成陣が刻まれた右腕を構えながら、獲物を狩るような鋭い視線を放つスカーのイラストが描かれており、原作でまさにこのビジュアルと同じカットがあったのではないかと思わずにはいられないものとなっている。

 また、裏面には映画のティザーポスタービジュアルが掲載されており、両面で原作と映画、両方の世界観を楽しむことができる。

 映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』2部作は、前編『復讐者スカー』が5月20日、後編『最後の錬成』が6月24日より公開。

関連記事(外部サイト)