広瀬アリスの快調ぶりを遠藤憲一が代弁「全然元気でした! 良かった!」

広瀬アリスの快調ぶりを遠藤憲一が代弁「全然元気でした! 良かった!」

『劇場版ラジエーションハウス』初日舞台あいさつより(左から)遠藤憲一、広瀬アリス クランクイン!

女優の広瀬アリスが29日、都内にて開催された『劇場版ラジエーションハウス』初日舞台あいさつに、窪田正孝、本田翼、山口紗弥加、遠藤憲一、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、八嶋智人、山崎育三郎、鈴木雅之監督と共に出席。体調不良が報道されていた広瀬の快調ぶりを遠藤が代弁する一幕があった。

 同作は、2019年4月期に『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』、2021年10月期に『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』(いずれもフジテレビ系)として放送された人気ドラマの映画版。主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織を窪田が演じる。

 広瀬は「『3年も経つと緊張して汗が出ることもないんだろうな、この舞台あいさつ』と思いながら、さっきも舞台袖でしゃべり過ぎてちょっと疲れています」と同シリーズのレギュラーメンバーと行う舞台あいさつの安心感と楽しさを実感。「すごくアットホームな『ラジエーションハウス』の皆さんが本当に愛おしくて、待ちに待った公開ですけど私はなんか、これでもう集まることが少なくなっちゃうのかなと思って少し寂しい気持ちでいっぱいです」と劇場版の公開を迎える胸中を明かした。

 また遠藤は「広瀬アリスです! 元気です!」と広瀬の体調を代弁し、会場の笑いを誘う。大きな拍手が巻き起こると、遠藤は続けて「いろんなニュース書かれていましたけど、全然元気でした! 良かった!」と、体調不良を理由に出演予定であった舞台を降板したことがニュースになった広瀬の快調ぶりを報告した。

 遠藤の言葉を受け、広瀬も観客に向けて頭を下げると、キャスト陣から口々に「良かった!」と声が掛けられた。

 また、「最近終わらせたこと」「新しく始めたこと」というトークテーマで窪田は「インスタを始めました! 昨日もこっそりインスタライブをしていました」と告白。きっかけを尋ねられると「今年は挑戦したいというのもあったし、身近なこととか思ったことを残していけたらいいなと。忘れていっちゃうから」と説明した。

 広瀬は「バーベキューがやりたい。あまり夏を充実させたことがなくって、お仕事をしていたのもありますし、暑いのが苦手なので家にこもっていたんです。今年はちょこっと出てみてもいいかなと。毎年思うんですけどね」と思いを馳せていた。

 『劇場版ラジエーションハウス』は全国公開中。

関連記事(外部サイト)