『マイファミリー』新たな事件と衝撃の事実に「まさか」「苦しい」の声続出(ネタバレあり)

『マイファミリー』新たな事件と衝撃の事実に「まさか」「苦しい」の声続出(ネタバレあり)

『マイファミリー』第4話より(C)TBS

二宮和也が主演を務め、多部未華子が共演する日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が1日に放送。衝撃の展開に視聴者からは「まさか」「苦しい」などの声が集まっている。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

 娘・友果(大島美優)を救出した温人(二宮)と未知留(多部)。このまま普段の生活に戻っていくのだと思っていた温人たちだったが、約1年後「鳴沢友果さん誘拐事件の真実」という暴露本が出版される。

 そんなある日、温人のもとにまたもや非通知から着信がある。犯人によると、今度は三輪(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)を誘拐したという。そして犯人は、この後の交渉は温人がやるようにと求めた。三輪は身代金5億円を温人に貸してくれと頼むが、温人は三輪が暴露本を書いたと思っていたこともあり、金は貸すが自分にできるのはここまでだと言い放つ。

 その後、東堂(濱田岳)は温人に暴露本を書いたのは自分だと告白。そして東堂は、5年前に娘・心春(野澤しおり)を誘拐されたのだと明かす。東堂は犯人との交渉に失敗し、心春は今も行方不明のままだという。心春と友果の事件の犯人が同一犯だと確信していた東堂は、暴露本を書いたのは警察が隠している事件の詳細を書けば新たな情報が出てくるかもしれないと思ったからだと明かす。

 温人は優月を取り戻すため、交渉人を引き受ける。そして三輪と東堂に「友果が誘拐されたとき、お前たちは何も言わずに力を貸してくれた。だから今度は俺の番だ。まずは優月ちゃんを取り戻す。それで犯人の正体突き止めて、最後は心春ちゃんな」と誓うのだった。

 新たな事件と衝撃の事実に視聴者からは「えらいことになってきた」「まさかの展開」「ノンストップすぎて目が離せない」「苦しい」「しんどすぎる」などの声が続出。また、ラストには葛城(玉木宏)が、心春と友果の事件の接点は阿久津(松本幸四郎)だと言うシーンがあったが、これには「確かに怪しい」「怪しいけど犯人じゃないと思う」「まだ4話だしな」などの声が集まっていた。

関連記事(外部サイト)