『カムカムエヴリバディ』きぬちゃん・小野花梨、芸歴17年「本気で辞めたいと思ったことはない」

『カムカムエヴリバディ』きぬちゃん・小野花梨、芸歴17年「本気で辞めたいと思ったことはない」

小野花梨 クランクイン! 写真:高野広美

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)で、ヒロインの幼なじみ“きぬちゃん”を確かな存在感で演じ、視聴者の圧倒的支持を得た女優の小野花梨。知名度・人気ともに上昇中の今の率直な気持ち、この春控える大きな挑戦となる舞台出演への思いを聞いた。

作・演出の岩松了に怖いイメージはない

 小野が出演する舞台『青空は後悔の証し』は、岩松了が書き下ろした新作。風間杜夫、石田ひかり、佐藤直子、豊原功補といった芸達者なベテラン勢に囲まれる中、風間演じる男の元を訪れ、その家族に波紋を投げかける謎めいた若い女を演じる。

――舞台出演は3回目。前回の『三人姉妹はホントにモスクワに行きたがっているのか?』に続いての、岩松さん作・演出ですね。

小野:はい。でも、前回は若手育成のワークショップといいますか、何も分からない、何もできないことが前提の若手が集まって、岩松さんにオリジナルで書き下ろしていただき、いろんなことを教えていただくっていう会だったんです。もし違う普通の作品だったら、こういう岩松さんは見られないんじゃないかっていう教え方や接し方をしていただいたので、今回は2度目とはいえ、新しい気持ちで“よろしくお願いします”という感じです。今回の作品も岩松さん節と言いますか、岩松さんがぎゅっと詰まった作品になると思います。とても楽しみです。

――前回のお稽古などを通して、岩松さんにはどんな印象をお持ちですか?

小野:一番最初にお会いしたのは、『おじいちゃん、死んじゃったって。』という映画で娘役をやらせていただいた時で。そこでは、どちらかというと和ませ役と言いますか、光石(研)さんや美保純さんとか、皆さんが岩松さんの話を聞いて爆笑するという現場だったんです。それを私は端っこのほうで見させていただいていて、“あ、こんな怖そうな人がこんな面白いこと言うんだ!”っていう第一印象から入っているので、そんなに怖いイメージはなくって。

舞台稽古でも、理不尽に怒鳴り散らすというよりは、ちゃんと理屈を添えて教えていただける感じ。“なんでこの人こういう演出するんだろう? なんでこう言ったんだろう?”と疑問に思うこともなく、演出自体がとっても勉強になる印象で、すごく楽しかった思い出があります。

――今回は共演者の皆さんも、本当にベテランの方ばかりで…。

小野:恐ろしい〜(笑)。豊原さんとは、同じシーンはなかったのですが、映画『南極料理人』の舞台あいさつでご一緒したことがあります。でも、あの時私は小学5年生とかだったので、もう13年くらい前…。“はじめまして!”の体で行こうと思います(笑)。大先輩方からいろいろなことを盗ませていただく気持ちで頑張ります。

――映画やドラマでのご活躍が続きますが、舞台でのお芝居についてはどんな思いをお持ちですか?

小野:もちろん恐ろしい部分も、難しいと思うこともありますけど、こういうお仕事をやらせてもらっている以上、個人的には避けては通れない道というか、どんな思いになっても挑戦し続けなければいけない場所だなと。お客さんの拍手を直接浴びられる場所ってそうないじゃないですか。すごく貴重な場所ですし、挑戦し続けたい場所だなと思います。

映像だとカメラが寄ってくれるし、撮り直しもできるし、ダメだったら“ごめんなさい、もう一回”って言えちゃう。その点、舞台は“ごめんなさい”なんて言えないし、寄ってもくれない。観劇していても思うんですけど、舞台の持つエネルギーってすごい。映像とは違うまったく別の魅力があるなと感じています。

映像では、後ろの方でちょこちょこしていても要らなかったら切ってくれるだろうなととりあえずやっちゃえ!というところもあるのですが、舞台って、そこにいなきゃいけないけど、邪魔もできない。邪魔はできないけど、もちろん休むことはできないっていうバランス感覚というか、一個一個考えながらやっていかないといけないので、そこは難しいですね。

――体力や気力のキープも難しいですよね。

小野:体力がどうなんて口が裂けても言ってられないです(笑)。でも、私、しんどいなって思ったことないんですよ、若いんですかね?(笑) 声もそんなに弱くなくて枯れたこともないし…。なので、いっぱい寝て、現場で一番元気でいられたらいいなって思っています、気持ちは負けないように。


芸歴17年目――本気で辞めたいと思ったことはない

――小野さんは、2006年のデビューなので今年で芸歴17年目。そもそも女優業を始められるきっかけは?

小野:『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)で、最後に上からたくさん風船が降ってくるんです。あの風船が欲しくて、両親に言ったところ、両親も詳しくないので、あれに出るにはたぶん劇団に入んなきゃいけないんじゃないか…となりまして、劇団に入れてもらいました。『おかあさんといっしょ』は、応募者も多く厳正な抽選で出演者が決まるので、出られなかったのですが、劇団でお稽古をし、オーディションに行かせてもらって、気付いたら、こういうお仕事に携わらせていただいていました。

――そうなんですね。ここまで続けられてきた中でターニングポイントになった作品はありますか?

小野:要所要所にあるんですけど…。『南極料理人』という作品で堺雅人さんの娘役をやらせていただいて、すごく楽しいなって。責任感もなくて、(みんなが)笑ってくれるから、いぇーい!みたいな気持ちで行ってたんです。そしてその2年後に出演したドラマ『鈴木先生』(テレビ東京系)との出会いも転機でした。スタッフさんが厳しくて、すごく怒られたんですよね。撮影中に食べ物食べるなとか、遅刻しちゃダメ!とかそういう当たり前のことから叩き込んでくれて。厳しかったんですけど、すごく楽しかったです。あれで、大きく意識が変わって…。あの出会いがあったから今こうしてここにいさせてもらえていると思っています。

――そんな中では挫折じゃないですが、しんどかった時期もありましたか?

小野:ありましたね…。最近出始めた子がすこーんと売れていったりする世界じゃないですか。残酷だなって思いましたし、頑張る!っていう気持ちだけで上に行ける世界でもない。やけになっちゃって、“もうやだー、やなんだけど!”みたいに思うことはありましたし、正直、今でも思うことはあります。でも、本当に辞めようと思ってたかって言われたら、たぶんそんなことはなくて。“やせたーい!”みたいな感じの“やめたーい!”のイメージ。分かります?(笑) 本気で食事制限する気はないけど言ってるみたいな。

――なるほど、すごくよく分かりました(笑)。では、これまで演じられてきた役で一番印象に残っているのはどの作品ですか?

小野:昨年『プリテンターズ』という映画で主演をさせていただいたのですが、演じた役が、誰にも共感されないけど、でも自分のやりたいこと、目指す場所がある女の子だったんです。悪いこともして道を踏み外しちゃったりするんですが、あまりにも自分と近いキャラクターで。たくさんの人に否定されて怒られるんですけど、役じゃなくて自分に言われてるみたいで、初めて公私混同しちゃうというか、作品の中で言われた言葉が苦しすぎて、ずっと涙が止まらない状態になりました。“あんなセリフ言われたくなかった”っていう訳の分からない感情に襲われたり、自分と近すぎるとしんどいんだなぁって学びました。

『カムカムエヴリバディ』きぬちゃんを経て、気付いたことと変わらないこと

――かと思えば、視聴者から圧倒的支持と好感が寄せられた『カムカム』のきぬちゃん役は大変な反響を集めました。ネットの反応などチェックされていましたか?

小野:はい、見てました! 出演していないのにトレンド入りさせてもらったりして(笑)。違う作品の現場に行っても、どこに行っても“きぬちゃん、きぬちゃん”って言ってもらえるから、朝ドラの影響力はこんなにすごいんだなって実感しました。『カムカム』の現場では、たくさんの人に見てもらい、たくさんの人に待ち望まれる枠を維持するために、どれだけの人が必死に働いて、どれだけの人が頭と心を使っているのかというのを目の当たりにしました。みんなが楽しんで、愛を持って作品に向き合っていて、こういう気持ちじゃなきゃいけないんだなと改めて感じましたね。

撮影で地方へ行くと、ご年配の方にも声を掛けていただいて、本当に幅広い地方の幅広い年代の方に観ていただけているんだなって思うことも多かったです。本当に豆腐屋から来たんだなって思われている(笑)。ちょっとだましてる感じもあって、楽しいなーって(笑)。そういうイメージも守るところは守って、まっとうに生きていかなきゃいけないって思いました。

――2020年ごろから『親バカ青春白書』(日本テレビ系)『共演NG』(テレビ東京系)『きれいのくに』(NHK)と出演作が相次ぎました。現在は『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)にもご出演中と、お忙しい毎日で、取り巻く環境も大きく変化したのではないですか?

小野:それが、変わった部分はなくて…。今までもこれまでも変わらないんだろうなって気がしています。たまたま出演作が続いているだけで、自分の中で“最近忙しい! 調子いいぞ!”って気持ちが一切ないんですよね。たまたまラッキーなことに続いているなーって。お金の使い方や、街での佇まいとかもまったく変わっていない。自分の中で変化がなさすぎて…。普通の人間です。

――ご家族やご友人の反応はいかがですか?

小野:まったく変わらずです。長くやっているから、当たり前のことになってるんですかね。“最近よく観るね、よかったじゃん”くらいな感じで。特にこれと言って何かが変わるということはなくって。長く続けているっていうこともよかったなって思いますね。ガラッと環境が変わるんじゃなく、徐々に徐々に前に進めている感じがして、自分には合っていると思います。

――今年24歳になられますが、これからどんな女優さんになっていきたいですか?

小野:朝ドラをやってみて感じたことでもありますが、一般の視聴者の方に認めてもらうことってすごく大事だなと。でも、それもすごく大事なことなんですけど、私はやっぱり目の前にいるスタッフさんやマネージャーさん、共演者の方たちを喜ばせたいなっていう気持ちがすごくあります。まずはそこから。映画やドラマの主演をやってみたい気持ちももちろんありますけど、それよりも、今ご一緒させていただいているスタッフさん、共演者さんたちをどれだけ満足させられるかっていうところで勝負していきたいですね。その積み重ねが目に見える結果になっていくんだろうなって。今までもそうだったんですけど、これからも意識したいのはそこですね。

あとは、女優さんとして魅力的な方って、女優さんとして魅力的なんじゃなくて人間的に魅力的なんだろうなと感じるんです。だから、お仕事を大事にする気持ちはもちろんですけど、人として自分が間違ってないか、ちゃんと心を揺さぶれているか、生意気になっていないかと、しっかり自分を見つめながら、大人になっていけたら。そうすれば結果的に女優さんとしても魅力的になっていけるんじゃないかと思っているので、一歩一歩大事に生きていきたいと思います。(取材・文:編集部 写真:高野広美)

 舞台『青空は後悔の証し』は、東京・シアタートラムにて5月14〜29日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて6月4・5日上演。

関連記事(外部サイト)