足掛け10年、人気ゲーム『HALO』ドラマ化がついに実現 スパルタン役俳優が撮影の過酷さを語る

足掛け10年、人気ゲーム『HALO』ドラマ化がついに実現 スパルタン役俳優が撮影の過酷さを語る

『HALO』場面写真 Halo (C) 2022 Microsoft Corporation.All Rights Reserved.

プロジェクトの立ち上げから10年以上。全世界で8200万本以上を売り上げたゲーム『HALO』の実写ドラマが、ついに日本にも上陸した。2021年3月にスタートしたParamount+が1話に10億円をかけた超大作オリジナルシリーズで、本国アメリカで第1話が配信されると、オリジナル作品としては最高視聴数を記録するなど、大いに盛り上がりを見せている。本作で主人公のスーパーソルジャーを演じる俳優パブロ・シュレイバーに、撮影の裏側などを聞いた。

■「SW」スピンオフ作品にも引けを取らないスケール

 製作総指揮を務めるのは、スティーブン・スピルバーグ。このゲームの大ファンである彼は、この世界が持つさまざまな要素をできるだけ取り込むべく、最初から劇場用映画ではなくテレビドラマにすると決めていた。そこでプレミアムケーブルチャンネルShowtimeをパートナーに迎え、2019年の放映開始を目指して準備が進められるも、監督の降板など紆余曲折を経験。今年3月になってようやく、配信サービスParamount+の花形作品として、アメリカでお披露目されることになったのだ。エグゼクティブ・プロデューサーのキキ・ウォルフキルは、「これはとてもスケールが大きい作品。正しい人たちを集めて、正しいチームのもとで作ることが絶対に重要だった」と、時間がかかった理由を説明している。

 ウォルフキルが言うとおり、『HALO』は、ディズニープラスの「スター・ウォーズ」スピンオフ作品にも引けを取らない、大規模で野心的なSFシリーズだ。物語の舞台は26世紀。登場するのは人類、“スパルタン”と呼ばれるスーパーソルジャー、そして異星人コヴナント。これら3つのグループがせめぎ合うこのドラマで、主人公のマスターチーフことスパルタンを演じるのは、43歳のパブロ・シュレイバー(リーヴ・シュレイバーの母親違いの弟)だ。シュレイバーがこのゲームについてよく知るようになったのは、役をオファーされ、リサーチを始めてからだったという。

 「ビデオゲームもテレビもない環境で育ったせいでね。高校生になってから、放課後に友達の家に寄ってやらせてもらったりしたけれど、キャンペーンモードしかやったことがなかった。ストーリーモードを知ったのは、この役をもらってからだよ。それは大きな発見だった。そこには長年の間に培われたたくさんの神話、優れた物語があったんだ。とても豊かな世界が。これは特別なものになるぞと興奮を感じたね」。

 迫力たっぷりのアクションアドベンチャーであるのと同時に、今作は、マスターチーフの内面のジャーニーの話でもある。ハルゼイ博士(ナターシャ・マケルホーン)が開発したスーパーソルジャーであるマスターチーフは、ある少女との出会いをきっかけに、自分自身の中に存在する人間の部分を見つめていくことになるのだ。

 「そこは今作の興味深いところのひとつ。ビデオゲームで、このキャラクターはプレイヤーのシンボル。マスターチーフは勇敢で、厳しい状況にあってもすごいことをやってみせるが、そのほかの部分はあえて曖昧(あいまい)になっていて、プレイする人に想像の余地を与えている。今作に挑むにあたり、僕らはゲームが持つ神話を分析し、彼にヒーローとしての肉付けをしていった。このシリーズで、彼は人間としての自分を知っていく。そして、自分の仕事を達成するためにヒューマニティをどこまで犠牲にするべきなのかを考えるようになる。本当の意味での愛国精神とは何なのかということも。そうやって空白だった部分が少しずつ埋められていくんだよ」。

■スパルタン役の衣装は大変! 筋肉保持にも苦労


 『13時間 ベンガジの秘密の兵士』や『ザ・アウトロー』でも戦士の役を演じてきたシュライバーは、ハードなトレーニングには慣れている。だが、そうやってせっかくつけた筋肉を失わないようにすることは、別問題だ。とりわけスパルタンの衣装は暑いので、汗をかいて痩(や)せてしまわないよう注意が必要だった。

 「僕はもともと痩せ型だから、こういったアクション映画の前にはいつもトレーニングで筋肉体重を増やし、撮影中も維持するようにする。だが、今回の撮影期間は9ヵ月もあったし、あの鎧がついた衣装のせいで、体重を落とさないようにするのは大変だった。あの衣装はかっこいいし、身につけさせてもらえるのは大きな光栄。だけど決して楽ではないんだよ。現場入りすると、まず1時間半をかけてヘアとメイクをしてもらう。次に、衣装の下に着るスーパーヒーローのタイツのようなものを30分かけて付けていく。それからすべての部品を45分ほどかけて付けていき、最後にあの鎧だ。この手の衣装が重いことは結構知られているが、実を言うと、一番きついのは重さより動きが制限されることなんだよね。その状態で12時間や14時間も撮影するのはかなりきつい。しかも、僕は、なんでも楽々とやってみせる、肉体的に優れたキャラクターを演じないといけないのだから」。

■第1話配信前にシーズン2決定の異例

 本国アメリカでサービスを開始してまだ1年とは言え、『HALO』は、Paramount+の歴史で最高のアクセス数を稼ぎ出してみせた。もっと驚きなのは、第1話の配信を待たずして、第2シーズンの製作にゴーサインが出たことだ。それは非常に稀(まれ)なことであり、Paramount+と製作陣の満足度がうかがえる。彼ら、そしてシュライバーが目指すのは、ゲームのファンはもちろん、ゲームをまるで知らない人にも楽しんでもらえる作品にすること。

 「キャラクター、ロケーション、サウンド、どれにおいても僕らはゲームに忠実になるように意識した。ゲームのファンには、ぜひそれらをじっくりと堪能してもらいたい。そしてゲームをやらない人には、この新しい世界をぜひ発見してほしいと思うよ。役をオファーされてから3年の間に僕自身がすっかり惚(ほ)れ込んでしまったように、できるだけ多くの人にこのユニバースの魅力を知ってもらえたら最高だね」。(取材・文:猿渡由紀)

 Paramount+オリジナルドラマシリーズ『HALO』は、U‐NEXTにて第1話配信中。毎週水曜0時より1話ずつ配信。

関連記事(外部サイト)