ハリセンボン・近藤春菜、『元彼の遺言状』で月9デビュー 現場への差し入れが縁に

ハリセンボン・近藤春菜、『元彼の遺言状』で月9デビュー 現場への差し入れが縁に

ドラマ『元彼の遺言状』に出演する近藤春菜(C)フジテレビ

女優の綾瀬はるかが主演を務め、俳優の大泉洋が共演するドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話(5月9日放送)に、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜がゲスト出演し、女優として月9ドラマデビューを飾る。

 本作は、奇妙な遺言状に導かれた敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)と作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉)が数々の不可解な殺人事件を追っていくリーガルミステリードラマ。原作は2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した新川帆立の同名小説。

 第5話では、投資会社「M&Sキャピタル」の創立15周年記念パーティーで突然起きた奇妙な殺人事件をテーマに、サスペンスドラマの真骨頂ともいえる緊迫のストーリーが展開される。「M&Sキャピタル」は代表取締役・真梨邑礼二(藤本隆宏)と共同代表の庄司健介(高橋洋)が28歳の時に立ち上げ、二人三脚で順調に業績を伸ばしてきた。そんな優良企業の記念パーティーで投資家が何者かに殺された。その死の謎を解いた時、麗子と篠田は恐るべき真実へたどり着く。

 月9ドラマ初出演の近藤春菜は、真梨邑と庄司を支える秘書役を演じる。春菜は以前、今作の第1・2話に出演していた友人の森カンナを訪ね、撮影現場にスイーツを差し入れていた。その時ちょうど綾瀬のカメラリハーサル中だったことから、急きょ綾瀬の“代役”としてカメラの前に立つことに。春菜版“剣持麗子”の誕生に現場には温かな笑顔があふれ、すっかりドラマの現場に溶け込んだ春菜。そんな縁から今回の秘書役での出演が決まった。

 春菜は「まさか出られると思っていなかったので、楽しかったです!綾瀬さん、大泉さんとのシーンでセリフをいただいたので、主役を食うつもりで頑張りました!そして私が出演するシーン、実は重要なので、見逃さないでいただきたいです!」とコメントを寄せている。

 ドラマ『元彼の遺言状』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

関連記事(外部サイト)