『マイファミリー』まさかの展開にネット驚き 「犯人は誰?」「怖すぎ」(ネタバレあり)

『マイファミリー』まさかの展開にネット驚き 「犯人は誰?」「怖すぎ」(ネタバレあり)

ドラマ『マイファミリー』第5話より(C)TBS

二宮和也が主演を務め、多部未華子が共演する日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)の第5話が8日に放送。ラストの展開に「怖すぎ」「犯人は誰?」などの声が集まっている。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

 三輪(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)が誘拐された。優月を無事取り返すには、警察には知らせず、自分たちだけで犯人と交渉するしかない。温人、東堂(濱田岳)、三輪、優月の母・沙月(蓮佛美沙子)は、身代金の5億円を犯人の指示通りに渡し、無事に優月を救出する。

 しかしその後、温人のもとに犯人から「勝手口にお届け物です」と連絡がある。温人が見に行くと、そこにはダンボールに入った金が置いてあった。すぐに犯人から着信があり、温人がどういうことだと聞くと、犯人は「我々は力を合わせ営利誘拐を成功させました。身代金の20%1億円はあなたの取り分です」と答える。温人はもともと自分の金だと反論するが、犯人からは「三輪さんは必ず返すはず。純粋にこれはあなたの利益です」と言われてしまう。

 温人がこんなものは受け取れないと言うと、犯人は「次も一緒に成功させましょう。新たな誘拐をしました。阿久津実咲(凛美)さんです」と告白。警察に通報すれば実咲を殺す、今回は阿久津夫妻以外には言うなと条件を出す犯人。温人が「俺に恨みでもあるのか?」と聞くと、犯人は「感謝しかありません。私達は完全誘拐を実現するファミリーですから」と答えるのだった。

 温人が犯人から一方的に共犯にされる展開に視聴者からは「まさか共犯者ファミリーにされるとは」「まじで怖い」「ぞわぞわした」「想像以上の凄い展開」「怖すぎ」など驚きの声が続出。さらなる誘拐事件の発生にも「マジで犯人の目的何?」「エンドレス誘拐」「誘拐無限ループ」「まさか阿久津の娘まで」「負のループ」などの声が集まった。

関連記事(外部サイト)