味方良介、綾瀬はるか主演『元彼の遺言状』第6話にホスト役で登場 「変化球なミステリーに」

味方良介、綾瀬はるか主演『元彼の遺言状』第6話にホスト役で登場 「変化球なミステリーに」

ドラマ『元彼の遺言状』第6話に出演する味方良介(C)フジテレビ

女優の綾瀬はるかが主演を務め、俳優の大泉洋が共演するドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話(5月16日放送)に、俳優の味方良介がゲスト出演することが発表された。森蘭丸の源氏名で活動する人気ナンバー2のホスト役を演じる。

 本作は、奇妙な遺言状に導かれた敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)と作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉)が数々の不可解な殺人事件を追っていくリーガルミステリードラマ。原作は2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した新川帆立の同名小説。

 5月16日放送の第6話は、ホストの黒丑益也(望月歩)のもとに、「助けてくれ!」と蘭丸(味方)から電話がかかってくるところから始まる。黒丑が教会の仮眠室に駆けつけると、そこには刃物で刺され絶命したナンバー1ホスト・織田信長の姿があった。信長はこの教会の信者で、時々この仮眠室を利用していたという。

 この日、蘭丸と信長は仕事の後2人で飲んでおり、ベロベロになった信長を介抱するためこの場所に1時間ほど滞在。すっかり寝入ってしまった蘭丸が目を覚ました時には、すでに信長は亡くなっていたという。ところが、仮眠室の窓は全て内側から閉められており、防犯カメラにも誰かが出入りした様子は映されていなかった。完全なる密室で起きた殺人事件。犯行は蘭丸にしか成し得ないはずだが、「俺、やってないです! 助けてください!」と蘭丸は麗子に懇願する。

 蘭丸を演じる味方は現在、月10ドラマ『恋なんて本気でやってどうするの?』で西野七瀬演じる清宮響子のクセ強めな夫を熱演中。今回の出演にあたり、味方は「幼い頃から見ている月9の現場に参加できるというのは嬉しい限りです」と語り、「撮影初日が綾瀬さん、大泉さんのお二人とのシーンということで、一人勝手に緊張感はありましたが、お二人の包み込むような空気とスタッフさんたちのテンポの良いチームワークのおかげで、リラックスしてお芝居をさせてもらえました。すてきな環境に感謝です」と振り返っている。

 ドラマ『元彼の遺言状』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

 コメント全文は以下の通り。

■味方良介 コメント

◆台本を読んだ感想をお聞かせください。

「答えを知りながら答え合わせをしていく、わかりやすくもあり少し複雑な構造がどういう風に具現化するのか興味深く読み進め、映像作品ならではの面白さが詰まっているように感じました」

◆撮影に臨まれた感想をお聞かせください。

「なんと言っても幼い頃から見ている月9の現場に参加できるというのは嬉しい限りです。撮影初日が綾瀬さん、大泉さんのお二人とのシーンということで、一人勝手に緊張感はありましたが、お二人の包み込むような空気とスタッフさんたちのテンポの良いチームワークのおかげで、リラックスしてお芝居をさせてもらえました。すてきな環境に感謝です」

◆第6話の見どころや注目ポイントなど視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

「僕が演じる蘭丸目線で物語を追うのか、麗子、篠田目線で物語を追うのかで6話の楽しみ方は変わってくると思います。弁護士とホストと神父…。なんともドラマチックなミステリーを体感してもらえたら…と。『元彼の遺言状』を毎週楽しみにしている皆さんに、ワクワクハラハラドキドキしていただけたら幸いです。少し変化球なミステリーをお見逃しなく」

関連記事(外部サイト)