『ホリック』神木隆之介、SixTONES・松村北斗、磯村勇斗、蜷川実花監督撮り下ろし写真解禁

『ホリック』神木隆之介、SixTONES・松村北斗、磯村勇斗、蜷川実花監督撮り下ろし写真解禁

映画『ホリック xxxHOLiC』より(左から)四月一日(神木隆之介)、百目鬼(SixTONES・松村北斗)(C)2022 映画「ホリック」製作委員会(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

俳優の神木隆之介と女優の柴咲コウがダブル主演する映画『ホリック xxxHOLiC』より、蜷川実花監督の撮り下ろしによる、松村北斗と磯村勇斗の背徳感あふれるカットが解禁された。

 創作集団CLAMPの大ヒット漫画を蜷川監督が実写化する本作は、人の心の闇に寄りつくアヤカシが見えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日が、対価と引き換えにどんな願いもかなえてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様を描くファンタジー作品。

 今回解禁された写真は、発売中の蜷川監督撮りおろし映画公式写真集からの美麗カット2点。今にも消え入りそうなはかない表情を浮かべる神木演じる四月一日を憂い、松村演じる百目鬼が力強く支える。お互いを支え合う、静かで強い絆で結ばれた2人の姿が写し出されている。

 そして、虚無感漂う四月一日の背後で、指先をなめ、こちらを見つめる、磯村演じるアカグモ。不穏な表情と首筋に沿わせた手からは四月一日への強い執着が感じられ、四月一日が持つ特殊な能力を、自分が崇拝する女郎蜘蛛に差し出したいと望むアカグモの欲望を感じるカットとなっている。

 また、全国の上映劇場で、本作の副音声コメンタリー上映を5月20日より実施することが決定。神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、蜷川実花監督が、撮影の裏話やエピソードトークを繰り広げる。

 映画『ホリック xxxHOLiC』は、全国公開中。

関連記事(外部サイト)