吉沢亮、『青天を衝け』への“愛情”語る「すごく特別」<橋田賞新人賞>

吉沢亮、『青天を衝け』への“愛情”語る「すごく特別」<橋田賞新人賞>

吉沢亮、「第30回橋田賞」授賞式に登場 クランクイン!

俳優の吉沢亮が10日、都内にて開催された第30回橋田賞授賞式に登壇。杉咲花と共に橋田賞新人賞に輝き、渋沢栄一を演じたNHK大河ドラマ『青天を衝け』への思いを語った。

 橋田賞は、日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成するもの。2021年4月に他界した脚本家・橋田壽賀子さんが設立した橋田文化財団が主催している。

 今回の授賞式には、橋田賞に選出された東山紀之、中田喜子、仲野太賀、受賞作『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』出演の木村多江、安藤玉恵、さらには橋田賞新人賞に選出された吉沢、杉咲らが出席した。

 受賞を受け、東山は「橋田先生には本当にさまざまな出会いを作っていただきました。今日、本当にお会いできなくて残念であります」とコメント。「(橋田さんが手掛け、東山が出演した)『源氏物語』では、正直言いますと脚本を初めて読んだ時に『これはやばいな』とあまりにも長ゼリフに本当に逃げ出そうと思って、旅先まで考えていたんです。もちろん逃げたら橋田先生、そして(プロデュースの)石井ふく子先生、そしてメリー(喜多川)さんにこっぴどく怒られるなと思って、その恐怖に耐えることができずとどまった次第であります。ただあの時に逃げ出さなかったのが、今ここに立てている証でもあります」と橋田さんとの思い出を語った。

 また仲野は「まだまだ果てしない道の途中ですけど、こんなタイミングでこの賞をいただけたというのは、自分自身の範疇を大きく超えたなにか大きな力が働いてこの場所に立てていると思っております」と心境を告白。「僕自身が誇れるものというのは実力でもなんでもなく、いろんな人との出会いというものを僕自身は誇れるものだと思っていて、いろんな場面で手を差しのべていただけて、そして今日があると思っております。その人たちのお陰で今があるので、これからも恩返しできるように頑張りたいですし、少しでも多くの方の心に寄り添える作品を作れるようにこれからも精進していきたいと思います」と力を込めた。

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』での演技を評価された吉沢は「『青天を衝け』は僕にとってものすごい愛情を持って参加させていただいた作品ですごく特別なもの。そんな作品でこの賞をいただけたことをすごく幸せに思います」と喜びを噛み締める。続けて「普段はどちらかというと映画に出させていただくことのほうが多いんですけれども、機会があればもっともっとテレビドラマにも挑戦していきたいなと思っております。これからも作品との出会いを大切に、役と真摯に向き合いながら皆様に愛していただけるような作品と出会えるように日々精進していきたいと思っております」と今後の活躍を誓った。

第30回橋田賞受賞一覧は以下の通り。

■橋田賞大賞
・該当なし

■橋田賞
・「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」(NHK)
・「日本沈没一希望のひとー」(TBSテレビ)
・橋本裕志(脚本家)
・東山紀之
・中田喜子
・仲野太賀
・井上貴博(アナウンサー)
※代理授賞 TBSテレビ総合編成本部アナウンスセンター部長 小川知子

■橋田賞新人賞
・杉咲花
・吉沢亮

■橋田賞新人脚本賞
・入選作:該当なし
・佳作:該当なし

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?