少年忍者・小田将聖、『ナンバMG5』第5話・ゲスト出演に喜び「現場から帰りたくないと思った」

少年忍者・小田将聖、『ナンバMG5』第5話・ゲスト出演に喜び「現場から帰りたくないと思った」

ドラマ『ナンバMG5』第5話にゲスト出演する少年忍者/ジャニーズJr.の小田将聖(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系/毎週水曜22時)の第5話(5月18日放送)に、少年忍者/ジャニーズJr.の小田将聖(しょうせい)の出演が決定。主人公のヤンキーをやめたい難破剛(間宮)の中学生の妹の前に現れる、優等生中学生を演じる。

 小沢としおの漫画『ナンバMG5』『ナンバデッドエンド』(秋田書店)を映像化する本作は、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・剛(間宮)が、「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語。

 第5話で小田が演じるのは、主人公・剛(間宮)の妹で中学2年生の吟子(原菜乃華)の前に現れる、高浜一中学校3年生・佐藤淳一役。萬田中学校に通う吟子とは知り合いではなかったが、佐藤が吟子の後をつけていると勘違いした難破家の柴犬・松(豆三郎)が吠えたことがきっかけで、ふたりは友人になっていく。

 吟子より1年先輩の佐藤は、吟子に勉強を教えることになるのだが、「ヤンキーは最悪」だと語る。一方難破家のメンバーも、最近の吟子の行動を怪しみ始め、父の勝(宇梶剛士)は「(勉強を教えてくれる友人がいるのなら)家に連れてこい。さもなければ勉強禁止!」と命令。吟子は仕方なく佐藤を自宅に招待するのだが…。

 小田は、小学生の時に映画で見たアクションに憧れ、2018年にジャニーズ事務所に入所。2019年より少年忍者のメンバーとして活動している。小学1年生のときからアクロバット教室に通っていたそうで、特技はロンダートバク転(体をひねりながらのバク転)。ドラマには、これまで『僕はどこから』(テレビ東京/2020)や『文豪少年!〜ジャニーズJr.で名作を読み解いた〜』(WOWOW/2021)などに出演している。

 本作への出演について、小田は「今回出演が決まった時、喜びと焦りがありました。最初は純粋にうれしかったのですが、頑張らないといけない焦りから何も手がつかないぐらいでした。でも、そんなことを忘れさせてくれるくらい現場は楽しかったです! キャストのみなさん、スタッフのみなさんがとても優しくて面白く、現場から帰りたくないと思ったのが初めてなぐらいでした!」と明かし、「監督から楽しく演技の指導をいただいたり、みんなで本気で撮影に臨みましたので、みなさん絶対に見てください!」とメッセージを寄せている。

 ドラマ『ナンバMG5』第5話は、フジテレビ系にて5月18日22時放送。

関連記事(外部サイト)