吉高由里子、2024年大河『光る君へ』主演で紫式部役 脚本は大石静

吉高由里子、2024年大河『光る君へ』主演で紫式部役 脚本は大石静

2024年大河ドラマ『光る君へ』で主演の吉高由里子(左)と脚本の大石静(右)(C)NHK

女優の吉高由里子が2024年放送の大河ドラマ『光る君へ』の主演を務めることが決定。11日に開催された制作・主演発表会見に、脚本を務める大石静と共に登壇し、大河ドラマの主演を務める今の思いを明かした。

 大河ドラマ第63作となる本作は、平安中期にのちに世界最古の女性文学といわれる『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。

 脚本の大石は、「勉強してみると、紫式部はよくわからない人物。これはオリジナルとして構築できるので挑戦しがいがあるなと。人生最後の賭けだと思い、いちかばちかでお受けしました」とニヤリ顔で明かし、「紫式部は藤原道長へ愛と執着と憎しみがある。結婚しないけど、最後までツインソウルのように絡む2人の感情を描きたい。権力闘争など面白い話がたくさんあるので、平安時代のセックス&バイオレンスを描きたい」と意気込み笑いを誘った。

 紫式部/まひろ役を演じる吉高は大石の発言を受け、「今、初めて聞いて…。そんな血肉を貪り食うような流れになるのか不安はありますけど」と苦笑い。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』で主演を務めたが、「10年ぶりに大きな長い作品に携わることができて」と感慨深い様子で明かし、「女性をテーマにした作品。たくさんの人に共感してもらえるような主人公を表現できたらいいなと思っています。平安時代を改めて勉強することになりますが、それも楽しみ。1年半、どんな日々や風景が待っているのか。想像できないくらい願ってもなかったお仕事で、これから楽しみとハラハラしていく日々が待ち遠しいです」と笑顔を見せた。

 大河の主演を務めることに対しては、「仕事をしていて、大河ドラマ主演をやるのが夢とは恐れ多くて言えないくらい、自分には関わらないことだと思っていて」と口にし、「なので、ここに座らされていて何をしゃべっていいのか…緊張してます。面白い船に大石先生と一緒に乗って、2年後たくましく成長しないといけない」としみじみ。また「大石先生の想像の翼と平安時代という未知な世界を日々想像して、鮮やかな大河ドラマになったらうれしい」と言い、「馬に乗りたい。馬のシーンをねじ込んでほしい」とリクエストもしていた。

 紫式部へのイメージを聞かれると、「世界的にもこんなに有名な女性なのに、生まれた日や亡くなった日がわからないような生涯。謎めいた女性なイメージです」と語り、大石は「私の作る紫式部は強い元気な女性になると思います。そこらへんは私が勝手にでっちあげていきたい」と意気込んでいた。

 2024年大河ドラマ『光る君へ』は2024年1月より放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?