東地宏樹&榎木淳弥、Wネイトが『アンチャーテッド』を語る! 「視覚的にも楽しい、爽快な映画」

東地宏樹&榎木淳弥、Wネイトが『アンチャーテッド』を語る! 「視覚的にも楽しい、爽快な映画」

『アンチャーテッド』“Wネイト”榎木淳弥(左)と東地宏樹 クランクイン!(写真:高野広美)

トム・ホランド主演の映画『アンチャーテッド』のデジタルレンタルが本日5月11日より開始、またブルーレイ&DVDが6月8日にリリースとなる。本作は人気ゲームシリーズの映画化作品であり、トム・ホランド演じるネイサン・ドレイクことネイトが、マーク・ウォールバーグ扮するトレジャーハンターのビクター・サリバン(サリー)に誘われ、音信不通の兄と50億ドルの財宝を探して大冒険を繰り広げるアクション・アドベンチャー作品だ。今回、クランクイン!では“ゲーム版ネイト”の声優・東地宏樹と“映画版ネイト”の声優・榎木淳弥が、ゲームと映画の両方で『アンチャーテッド』の世界を楽しむ体験イベントを取材。ソニーストア銀座で行われたこのイベントの様子をレポートする。

 「ゲームはほとんどやらない」と話していた二人。しかしいざPlayStation(R)5 のコントローラーを握ると、笑顔を見せながらも真剣な表情でPlayStation(R)5専用ソフト『アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション』を楽しんでいた。東地は戦闘モードをプレイし、敵を次々と倒していく。慣れない操作に苦戦する場面もあったが、倒し終わると達成感を滲ませた。同じく戦闘モードをプレイした榎木は、すぐにコツをつかんだようで慣れた手つきで敵を倒す。そんな榎木に、東地が「上手じゃん!」と声をかける姿も。85インチのBRAVIA×PlayStation(R)5という最高の環境で、ゲームを存分に楽しんでいた。

 続いて、映画『アンチャーテッド』の鑑賞タイムでは、自らが務めた作品を前に、榎木が緊張する場面も。さらに映画版のノーラン・ノース役でカメオ出演を果たした東地からは、ゲームのアテレコのときの裏話も次々と飛び出した。その後も榎木からの質問に東地が答え、東地が榎木にゲーム版での同じシーンの説明をするなど、終始楽しそうな様子だった。

■ 東地、映画ではじめてネイトの生い立ちを知る

 ここからはイベント後のインタビュー取材の様子をお届けする。

――臨場感、映像美など映画・ゲームともに素晴らしい環境での体験になったと思います。ぜひ、感想を聞かせてください。

東地:ゲームをするのは本当に久しぶりだったので、うまく操作できるか不安でしたが、プレイし始めると楽しくてすぐに『アンチャーテッド』の世界に入り込むことができました。あまりに映像がキレイなので、ゲームの世界にいるような感覚になって自然と前のめりになっていましたね(笑)。ちょっとジャンプしたり沼地に入ったりしただけでもコントローラーから振動が伝わってくるものすごいですよね。今日のプレイをきっかけに、本格的にやってみようと本気で思いました。

榎木:僕もまず映像が本当にキレイだなというのが第1印象です。あとはプレイヤーのレベルにあわせて、プレイの難易度を選べるところが、僕のような初心者にも優しい仕様でありがたいなと思いました。

――お互いが出演する作品を見て、感じたことはありましたか?

榎木:先輩の前で自分が演じている作品を一緒に観るのは、正直恥ずかしかったです…。東地さんのネイトは個性的で、独自性もあって、聞けば一発でわかりますよね。そこがすごいなと改めて思いました。

東地:よく知っているキャラクターの“過去を知る”というのは、すごく新鮮でしたね。この映画の試写会で最初に榎木さんが「やべ、やべ」と言っているのを聞いた時はもう、顔がにっこりしましたよ(笑)。

――ネイトを演じるときに意識していたことを教えてください。

東地:ネイトは冒険が好きで頭がきれるかっこいいキャラクターですが、気さくでコミカルな部分もある。なので、うまくギャップを見せながら軽妙に演じることを意識していました。シリーズが進むについて、私自身もネイトという役にだんだん慣れてきて、もっと遊びを加えるように作っていったのを思い出します。謎をといているときは真面目なトーンで、サリーとのやりとりではすごくコミカルに演じていたのですが、そのギャップが人気の秘密だと言ってくださる方もいたので、ディレクターの方と相談しながらどんどんそうしていこうと思いました。

榎木:皆さん最初はゲーム版のイメージがあると思うのですが、映画ではトム・ホランドさんという生身の役者が演じている。なので僕は深くは考えずに、トム・ホランドさんの芝居に沿う形でやらせていただきました。ネイトは親がいないし、小さい頃に兄もいなくなって、「奪われ続けている」という境遇なので、成長するにつれて“勝ちに行く”という姿勢が強くなる。誰が相手でも常に“相手の上を行く”という気持ちが潜在的にあると思ったので、女性との駆け引き一つとっても、“負けない”というよりもなるべく“相手を上回る”という強い気持ちが表れるように意識して演じました。

■ ゲームは1人で収録することが多い 想像力が大切に

――お二人ともゲーム・映画・アニメとジャンルを問わず活躍されていますが、ゲームと映画で声を当てるときの違いや、お芝居で気を付けている部分はありますか?

榎木:コロナ禍になってからはアニメの現場も1人ずつ録るようになったのですが、それまでは何人かの声優さんと一緒に録ることがあたり前でした。でも、ゲームは基本的に1人で録るので、そこがまず違う部分ですよね。相手役がいないので、そこを想像しなきゃいけない。台本にも自分のセリフしかないので、どうしてこれを言っているんだろうと想像しないといけない大変さはあります。

東地:『アンチャーテッド』に関して言うと、結局、千葉繁さん(ゲーム版のサリー)とは一度も一緒に録れていないんです。でもシリーズが何作も続いてきたから、台本の掛け合い部分を読むだけで、千葉さんならこう言うだろうという声が自然と聞こえてくるんですよね。他のゲームでは、なかなかそういう感じにはならないので、『アンチャーテッド』のように何年も続けているからこそ生まれる一体感だったり、やりやすさみたいなものは絶対にあると思います。

――映画の演出では、ゲームをやっている人にもグッとくるポイントがいくつかありました。映画の注目ポイントを改めて教えてください。

榎木:アクションシーンの収録は大変でしたが、そこが今回の劇場版の見どころになったんじゃないかな。深いメッセージというよりは娯楽性に特化している作品で、視覚的にも楽しいし疲れない作品だと思います。トム・ホランドさんが、実際にバーで働いて役作りをしたという話もありましたが、その辺りの動きもかっこ良くて面白い。あとは、後半での船の戦いのあたりは爽快感があって特に好きなシーンです。

東地:自分がゲームでネイトを演じたことを抜きにして観ても、本当に娯楽作品として爽快な映画だなと思いました。場所が転換するとき、時間が移るときにテロップが出るのもなんだかすごくおしゃれだし、展開としても分かりやすくていいなと思いましたね。飛行機がマップの上を移動するアニメーションも、かわいらしくてゲームっぽさがある。

――宝の地図の存在や、それを探し当てる様子にも惹(ひ)き込まれます。

東地:人が宝に魅入られていき危険を冒してでもそれを探し当てたい、そういう“気持ち”の部分は、映画でもすごく丁寧に描かれていたと思いました。奪ったり奪われたりの駆け引きもスピード感があってすごく面白かった。

――映画『アンチャーテッド』のデジタル配信が始まり、6月にはブルーレイ&DVDもリリースされます。お二人は、おうちで映画を観る時のこだわりなどはありますか?

東地:映画は集中して観たいタイプなので、1人の時間を作って観ることが多いですね。部屋を暗くして、好きなお酒を用意してじっくり鑑賞するタイプです。

榎木:僕はコーヒーが好きなので、好きなコーヒーを用意して、リラックスできる空間で観るのが好きです。あと、映画で気になるシーンや知らないことが出てきたら、ちゃんと調べたい人なので、家で観るときは1回止めて、調べてからもう1回巻き戻して見たりします。家で観るときはこうやって、人それぞれの楽しみ方ができるのがいいところですよね。『アンチャーテッド』も皆さんそれぞれの楽しみ方で観ていただければ嬉しいです。 (取材・文:Nana Numoto/写真:高野広美)

 映画『アンチャーテッド』のブルーレイ&DVDは6月8日(水)発売、レンタル開始。デジタル配信中。

関連記事(外部サイト)