『蒼穹の剣』『戦神の剣』に続くファンタジー・アクション時代劇『覇剣〜五神の覚醒〜』DVDリリース

『蒼穹の剣』『戦神の剣』に続くファンタジー・アクション時代劇『覇剣〜五神の覚醒〜』DVDリリース

『覇剣〜五神の覚醒〜』主演は話題作が続く若手スターのウー・レイ (C)2021 China International Television Corporation All Rights Reserved

近年、中国ドラマは『蒼穹の剣』『戦神の剣〜霊域〜』のようなヒーローの冒険を描くファンタジー・アクションが次々と日本に上陸を果たして人気のジャンルに。これらに続く話題の新作がウー・レイ、ラレイナ・ソン、ワン・ジュンカイが主演する『覇剣〜五神の覚醒〜』だ。注目の新世代スターたちが顔を揃え、中国で同時間帯視聴率1位を独走した“剣と魔法のSFXアクション”の魅力を日本でのDVDリリースにあわせて紹介していきたい。

■ 5人の神々が輪廻転生して世界を救うファンタジー!

 太古の昔、5人の神が降臨し、魔物・九嬰(きゅうえい)を封印すると「五神が集わねば九嬰は復活せぬ」という密約を結ぶ。それから多くの時が流れたとある時代。大ユウ国では幼くして皇帝となった百里昊和(ひゃくりこうわ)に代わり皇太后が実権を掌握。皇太子・平原王の亡き後、長男の百里鴻(ひゃくりこう)ケンが一家を支え、弟の鴻爍(こうしゃく)と妹で養女の鴻(こう)シュウと共に暮らしていた。

 そんな中、百里鴻ケンは宿敵の琅(ろう)族から国を守り戦功を挙げたにもかかわらず、皇太后の策略により爵位を落とされ没落した晋陽郡主(しんようぐんしゅ)と政略結婚させられる。そして、兄妹たちの周りでは不可思議なことが起こり始めるが、それは再び五神が目覚める運命の予兆だった…。

■ 妖怪たちも参戦するバトルは先の読めない面白さ

 本作の舞台は戦乱の世が続く架空の時代。主人公の兄妹たちは国を守る戦士だが、実はかつて魔物を封じた神々の生まれ変わりだった。その結果、人間たちの覇権争いは世界を揺るがす壮大なスケールのバトルへと発展、この戦いに伝説の妖怪たちも次々と参戦してくる。妖怪たちは人間になりすましていることも多く、敵か味方かわからないのが物語をさらに面白くしているポイント。

 さらに、妖怪ハンターも登場して、不思議な力で妖怪たちと対決していくことに。また、5人の神々の生まれ変わりの前に現れるのは、かつて封じたはずの宿敵・九嬰。この世に再び現れた魔物・九嬰の驚きの姿とは…。中国の神話をベースにしたミステリアスなストーリー展開、目を見張るファンタジックなアクションは、破格のスケールで製作されることが多い中国ドラマの中でも特出したものがあり、現地の視聴者から高い評価を集めた。

■ 子役から活躍を続けるイケメンスターたちが豪華共演!

 物語を牽引する主要キャラクターを演じるのは、子役から第一線で活躍を続ける新世代スターたち。たくましく成長していく正義感に溢れた百里鴻爍役を『琅ヤ※榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜』(※ヤは王へんに邪)で日本でも注目され『蒼穹の剣』、『長歌行』と主演作を連発しているウー・レイが好演する。また、無邪気な妹だったのが様々な葛藤に立ち向かうことになる百里鴻シュウ役を『九州縹緲録〜宿命を継ぐ者〜』のラレイナ・ソンが熱演。さらに、中学生からアイドルグループ「TFBOYS」のメンバーとして絶大な人気を誇るワン・ジュンカイが、ダークな面を見せていく百里昊和役を巧みに演じて新境地を拓いている。

 そのほか、『悠久の縁(えにし)〜百霊潭〜』のグオ・ジュンチェン、『若葉の詩(うた)〜青青子衿〜』のジャン・ユーチーといった将来有望なイケメン俳優たちが出演しているのも見逃せない。

 『覇剣〜五神の覚醒〜』DVDリリース中。

関連記事(外部サイト)