『TikTok TOHO Film Festival 2022』公式アンバサダーに磯村勇斗 前任・北村匠海が直依頼

『TikTok TOHO Film Festival 2022』公式アンバサダーに磯村勇斗 前任・北村匠海が直依頼

『TikTok TOHO Film Festival 2022』公式アンバサダーに就任した磯村勇斗

TikTokと東宝が主催し、今年で2回目となる映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2022』の開催が決定。本日5月12日より動画作品の公募を開始した。公式アンバサダーには俳優の磯村勇斗が就任。さらに、昨年の公式アンバサダーを務めた北村匠海が、グランプリ受賞者とともに新作短編映画の制作に関わるプロデューサーに就任することが発表された。

 本映画祭は、TikTokと東宝がタッグを組み、縦型の映画制作をきっかけに新たなクリエイターを発掘し、映画業界を盛り上げることを目的として2021年にスタート。昨年は約2ヵ月の応募期間に投稿された映画は5000本以上。受賞作品と応募作品の総再生回数は6億6千万回を超えている(5月12日時点)。

 グランプリ受賞者には東宝プロデュースによる新作短編映画の制作権利およびその制作補助費がサポートされる。さらに第2回となる今回は、グランプリ、観客賞のほかに「サードアイ賞」「テクニカル賞」の2つの賞が新設される。

 「グランプリ」は、審査員により選出され、副賞として東宝プロデュースによる新作映像制作サポート(450万円相当)と賞金30万円が授与される。

 「サードアイ賞」は、縦型動画の可能性を感じさせ、TikTokの特徴を最大限生かした作品を、審査員により選出。副賞は賞金20万円。

 「テクニカル賞」は、カメラワーク・音楽・パフォーマンスなど技術面に秀でた作品を、審査員により選出。副賞は賞金20万円。

 「観客賞」は、ユーザーによる投票を加味して、総合評価された作品を選出。副賞は賞金20万円。

 応募対象者は13歳以上。応募方法はハッシュタグ「#TT映画祭2022」を付けてTikTokに動画を投稿するだけ。募集期間は5月12日0時から7月3日23時59分まで。授賞式は8月、東京都内にて実施され、TikTok LIVEにて生配信の予定。

 公式アンバサダーに就任した磯村は「はじめお話を聞く前に、北村匠海くんから『いっそんにバトンを繋ぎたい』と連絡がありました。その時点で僕は『断る理由がない』と思いました。そして今回の主旨を聞き、アンバサダーとして未来のクリエイターとなる方々を是非応援したい。一緒に映画界を盛り上げていきたい。そう強く思いました。なので、今回アンバサダーに就任させて頂けるのはとても嬉しく、ありがたいことです。今から皆さんの作品を観るのが楽しみです」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)