塚本晋也、手塚とおる、松尾スズキも出演『シン・仮面ライダー』特報解禁 SHOCKER公式アプリも登場

塚本晋也、手塚とおる、松尾スズキも出演『シン・仮面ライダー』特報解禁 SHOCKER公式アプリも登場

『シン・仮面ライダー』ティザーポスタービジュアル(C)石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

庵野秀明が脚本・監督を務める映画『シン・仮面ライダー』より、特報が劇場にて解禁、新キャストとして、塚本晋也、手塚とおる、松尾スズキの出演が発表。併せてティザーポスタービジュアルが公開、本日より“SHOCKER公式アプリ「SHOCKER」fromシン・仮面ライダー”がリリースされた。

 「仮面ライダー生誕50周年企画」第3弾として、2023年3月に公開される『シン・仮面ライダー』。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が脚本・監督を務め、1971年に放送された『仮面ライダー』をベースに新たなオリジナル作品として描く。主人公・本郷猛/仮面ライダー役は池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子役は浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー2号役は柄本佑。

 本日から『シン・仮面ライダー』の特報が劇場にて解禁。新しい出演キャストとして塚本晋也、手塚とおる、松尾スズキがビリングに追加され、特報映像に登場。音楽はこの特報のために制作されたオリジナルとなっており、「R.O.D ‐READ OR DIE‐」(2001)、「ヨルムンガンド」(2012)で知られる岩崎琢が手掛けている。

 さらに、本作のティザーポスタービジュアルも併せて解禁。サイクロン号の前に立つ仮面ライダーが印象的なポスターに。チラシも制作され、本日より全国の劇場(一部劇場を除く)にて順次、掲出・設置される。

 そして、本日から“SHOCKER公式アプリ「SHOCKER」fromシン・仮面ライダー”がリリースされた。映画に登場する、秘密結社「Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling」(通称:SHOCKER)が、映画の世界から飛び出したかのように制作され、SHOCKERが掲げる“人類の幸せ”がこのアプリの目的であると公言。ダウンロードした方はSHOCKERの協力者として、秘密結社SHOCKERの最新情報や構成員によるアプリだけの限定コンテンツを楽しめる。アプリは無料アプリとなり、各端末のアプリストアからダウンロードできる。

 映画『シン・仮面ライダー』は2023年3月公開。

関連記事(外部サイト)