高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』、入江甚儀がゲスト出演 重罪犯たちの逃亡を手助けする“逃がし屋”役

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』、入江甚儀がゲスト出演 重罪犯たちの逃亡を手助けする“逃がし屋”役

ドラマ『インビジブル』にゲスト出演する入江甚儀(C)TBS

俳優の高橋一生が主演し、女優の柴咲コウと共演するドラマ『インビジブル』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話(本日5月13日放送)に、俳優の入江甚儀がゲスト出演。重罪犯たちの逃亡を手助けする“逃がし屋”役を演じる。

 本作は、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相いれないはずの2人が、警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”を捕らえるため、異色のバディを組む犯罪エンターテインメント。事件解決のためならどんなグレーな手でも使い、“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持つ刑事・志村役を高橋、犯罪をコーディネートするしたたかな女犯罪者“インビジブル”のキリコ役を柴咲が演じる。

 今夜放送の第5話では、元暴力団員・武入(鈴之助)が志村の同僚・安野(平埜生成)の殺害を自供したことで“3年前の事件”に新たな展開が…。武入は殺害を依頼してきたのが“インビジブル”であると証言し、それを聞いた志村はこれまで共に事件を解決してきたキリコに疑いの目を向ける。そんな中、武入が検察への護送中に“逃がし屋”と呼ばれるグループに連れ去られてしまう。そしてキリコも民宿から姿を消し…。

 入江が本作で演じるのは、武入の逃亡に加担する“逃がし屋”のリーダー的存在・サクライ。好んで重罪犯を逃がし、スリルを味わう“逃がしのプロ”だ。逃がし屋は、“3年前の事件”の犯行を自供した容疑者・武入が乗る護送車を襲撃。武入を連れ去った逃がし屋に、志村は単身接触を図るのだが…。

 金曜ドラマ『インビジブル』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

関連記事(外部サイト)