南沙良&なにわ男子・大西流星『この子は邪悪』、9.1公開 みんなおかしい世にも奇妙な家族の特報解禁

南沙良&なにわ男子・大西流星『この子は邪悪』、9.1公開 みんなおかしい世にも奇妙な家族の特報解禁

映画『この子は邪悪』ティザービジュアル(C) 2022「この子は邪悪」製作委員会

第42回ポルト国際映画祭ファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得した、女優の南沙良主演映画『この子は邪悪』が、9月1日より公開されることが決定。特報とティザービジュアルが解禁された。

 映画『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを輩出してきた「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017」の準グランプリ作品を映画化する本作。監督・脚本を、映画『町田くんの世界』『ノイズ』、ドラマ『ネメシス』などに脚本家として携わり、本作が長編3作目となる片岡翔が務める。先月開催された、世界三大ファンタスティク映画祭のひとつである第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて、審査員スペシャルメンションを獲得した。

 心理療法室を営む窪司朗の娘である花。彼女の一家はかつて交通事故に遭い、司朗は脚に障害が残り、母は植物状態となり、妹は顔に火傷を負った。その事故で心に深い傷を抱えていた花のもとに、自身の母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、父・司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母・繭子を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は違和感を覚える。「この人、お母さんじゃない―」。

 主人公の女子高生・窪花を演じるのは、初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』でブルーリボン賞をはじめ数々の新人賞を受賞した南沙良。花と心を通わせる少年・四井純役は、単独では初の映画出演となる大西流星(なにわ男子)。植物状態から目を覚ました花の母・窪繭子役を桜井ユキ、脚に障害を負った花の父・窪司朗役を玉木宏が務める。

 特報は、メリーゴーランドに乗る幸せそうな4人の家族が、不慮の事故に遭うシーンから始まる。主人公の花はその事故で心に傷を負ったまま、5年の歳月が流れていた。そんなある日、司朗が植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。「お母さんだよ、目を覚ましたんだ」と嬉しそうに言う父と、母と抱き合う妹を見て、違和感を覚える花。

 それ以来、父も妹も母もみんなおかしいと感じていた花は、「あの人はお母さんじゃなかった」と純に助けを求める。純も優しい眼差しで「大丈夫だよ、僕がそばにいるから」と花に寄り添う。終盤では不穏なシーンが立て続けに映し出され、最後は花が「ありえない」と語る姿で終了。果たして、“世にも奇妙な家族の話”は、どのような結末を迎えるのか。

 ティザービジュアルは、主人公の花を真ん中に、純、母の繭子、父の司朗、妹の月が左右に並んだもの。一見幸せそうに見える家族写真だが、切り刻まれたようなデザインが施されている。無表情の花、笑顔の純と足元のウサギ、対照的な表情が組み合わされた繭子と司朗、マスクを付け手にぬいぐるみを持つ月。さらにその上下には「みんなおかしい」「世にも奇妙な家族の話」というキャッチコピーが添えられ、作品への想像力を掻き立てる、不穏で危うい雰囲気のビジュアルとなっている。

 映画『この子は邪悪』は、9月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)