【映画ランキング】『シン・ウルトラマン』2022年邦画実写No.1の数字で初登場首位 オープニング興収は『シン・ゴジラ』超え

【映画ランキング】『シン・ウルトラマン』2022年邦画実写No.1の数字で初登場首位 オープニング興収は『シン・ゴジラ』超え

5月14日〜15日の全国映画動員ランキング1位:『シン・ウルトラマン』(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

5月14〜15日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、庵野秀明企画・脚本、樋口真嗣監督の『シン・ウルトラマン』が初週土日動員45万人、興収7億300万円をあげ、初登場1位を獲得した。公開から3日間の累計では動員64万人、興収9億9300万円を突破し、今年公開の邦画実写映画ではNo.1のオープニング成績となった。また興収82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』との3日間の対比では、動員113.5%、興収117.2%という数字を記録した。

 2位は公開から4週連続で首位を記録していた『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が、週末土日動員20万7000人、興収3億円という高い数字をあげたものの、ワンランクダウン。それでも累計では動員541万人、興収75億円を突破し、昨年公開の『名探偵コナン 緋色の弾丸』の興収を早くも超える勢いだ。

 3位は、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、週末土日動員11万人、興収1億8200万円をあげランクインした。累計では動員107万人、興収16億円を突破している。

 『シン・ウルトラマン』以外の初登場組は、5位に2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説を、広瀬すず、松坂桃李主演で映画化した『流浪の月』が、9位にオリジナル長編アニメーション『バブル』がそれぞれランクインした。

 5月14日〜15日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『シン・ウルトラマン』
第2位:『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』
第3位:『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
第4位:『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』
第5位:『流浪の月』
第6位:『死刑にいたる病』
第7位:『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』
第8位:『劇場版ラジエーションハウス』
第9位:『バブル』
第10位:『劇場版 Free!‐the Final Stroke‐』後編

関連記事(外部サイト)