マーベルドラマシリーズ最新作『シー・ハルク:ザ・アトーニー』、8.17日米同時配信 予告&ビジュアル解禁

マーベルドラマシリーズ最新作『シー・ハルク:ザ・アトーニー』、8.17日米同時配信 予告&ビジュアル解禁

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』US版キービジュアル(C)2022 Marvel

マーベル・スタジオの最新ドラマシリーズ『She‐Hulk:Attorney at Law(原題)』が、邦題を『シー・ハルク:ザ・アトーニー』として、8月17日よりDisney+(ディズニープラス)にて日米同時配信されることが決定。予告編とUS版キービジュアルが解禁された。

 本作の主人公は、ヒーローやヴィランたちを相手に弁護をする“超人専門弁護士”としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。彼女はある日、事故をきっかけに突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまい、その強大なパワーに困惑しつつも、弁護士の仕事に立ち向かおうとする姿がユーモアも絡めながら描かれている。

 シー・ハルクことジェニファー・ウォルターズ役に抜てきされたのは、ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』で複数のクローンを演じ分け、エミー賞主演女優賞を受賞するなど演技派として話題を集めるタチアナ・マスラニー。そして、“アベンジャーズ”のオリジナルメンバー、ハルク(=ブルース・バナー)を演じるのは、『フォックスキャッチャー』『スポットライト 世紀のスクープ』等でアカデミー賞助演男優賞ノミネート歴も誇るマーク・ラファロ。

 さらに、『インクレディブル・ハルク』のヴィランとして知られるアボミネーションが本作にカムバックし、同役をティム・ロスが再び演じる。そのほか、ウォン役のベネディクト・ウォンなど、MCUのベテランたちが多数出演している。監督・プロデューサーには、ジェニファー・ロペス、オーウェン・ウィルソン出演の映画『マリー・ミー』などを監督した若き奇才カット・コイロが抜てきされた。

 今回解禁された予告編には、予期しない形でハルクのパワーを得たジェニファーが、「普通の弁護士でいたい」と悩み葛藤する姿が。そのほか彼女が、ハルクから「望んでいなくても力を使いこなせ」と言われ、“怒り”と“恐怖”で変身させようと実験台にされる姿や、「アベンジャーズに入れる」と勧められると「私はヒーローじゃない。あれって億万長者かナルシシストか、天涯孤独な人がなるんでしょ」と、アイアンマンやキャプテン・アメリカらをキツめにディスるなど、クスっと笑える一幕も収めている。

 US版キービジュアルは、シー・ハルクとなったジェニファーが、ブリーフバッグを持ちヒールを履いて、裁判所へ向かう階段を上がっていく姿を捉えたもの。これまでのMCUキャラクターとは異なる、新しいヒーロー像が描かれる作品であることを予感させるビジュアルとなっている。

 〈アベンジャーズ最強〉クラスのパワーは得たけど、あくまで弁護士として人々を守りたいジェニファー。果たして彼女は、“圧倒的なパワーを得たヒーロー”として世界を守るのか、“弁護士”として世界を守るのか。“シー・ハルク”と“ハルク”による、MCUの全く新しい予測不能な凸凹コンビが誕生する。

 『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(全9話)は、Disney+(ディズニープラス)にて8月17日16時より日米同時配信。

関連記事(外部サイト)