萩原利久×八木勇征W主演『美しい彼』映画化決定、喜びのコメントが到着

萩原利久×八木勇征W主演『美しい彼』映画化決定、喜びのコメントが到着

ドラマ『美しい彼』DVD/Blu‐ray購入者特典イベントに出席した(左から)萩原利久、八木勇征(C)「美しい彼」製作委員会・MBS

俳優の萩原利久とFANTASTICS from EXILE TRIBEの八木勇征がダブル主演し、2021年11月よりMBSほかで放送されたドラマ『美しい彼』が、映画化されることが決定した。

 『流浪の月』で本屋大賞2020を受賞した小説家・凪良ゆうの同名BL小説をドラマ化した本作。思うように言葉を発せない「吃音症」を持ち、幼い頃から周囲に馴染めず“ぼっち”を極めていた高校3年生の平良一成(萩原利久)と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏(八木勇征)、2人の男子学生の初恋を丹念に描いたむずがゆくも甘酸っぱい青春作品だ。

 ドラマでは、平良・清居の美しいビジュアル、忠実な再現度と、ピュアですれ違うお互いの恋心青春の爽やかさ、儚さ、切なさを美しい映像で表現し、原作ファンのみならず放送を増すごとに多くの視聴者を魅了。放送での反響を受け、動画配信サービスでの視聴でさらにファンが拡大。公式SNSが更新されるたびに、「#美しい彼」がトレンド入りするなど、続編希望の声も多く寄せられていた。さらに、BLアワード2022ではBEST映像部門1位を、全体でもBEST小説部門ほか4部門で1位を受賞。第16回ギャラクシー賞「マイベストTV」でもグランプリを受賞するなど話題を集めていた。

 そんな本作の映画化が、17日に開催されたドラマのDVD/Blu‐ray購入者特典イベントにてサプライズ発表された。

 イベントに登壇した萩原は「ドラマ版のクランクアップの時からいつか続きをやりたいと思っていましたが、まさかこんなにも早く嬉しい発表をできるとは思っていませんでした。本当に沢山の方に観ていただき、沢山の視聴者の皆様の声があったから実現したものだと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を。

 八木は「今回、映画化のお話をいただいた時何より最初に感じたのが、こうして『美しい彼』という作品で清居奏を再び演じることができるという喜びです。またあの世界観に飛び込める日々が来ると思うと本当に幸せです!」と喜びの言葉を口にした。

 そして、「さらに沢山の方に観てもらえるよう、そして続編を待っていてくれた皆様をさらに美しい彼の世界に引き込めるよう、勇征、スタッフのみなさんと撮影に臨んでいきます!」(萩原)、「沢山の方々に愛されるこの作品を萩原利久さん演じる平良一成と更に皆さんの心に響く作品を描けるよう精一杯努めさせていただきます! 楽しみにお待ちいただけると嬉しいです」(八木)とメッセージを送った。

 原作者の凪良ゆうも「ドラマ放送時から予想以上の好評をいただき、続編を望む声がわたしの元へも届いていました。なので映画化のお知らせをいただいたときは本当に嬉しかったです」とコメント。「平良と清居を演じてくださった萩原利久さんと八木勇征さん、このおふたりだからこそ成り立った実写版『美しい彼』。待ち望んでくださったみなさまの期待を裏切らない、素晴らしい映画になると確信しています」と期待を寄せた。

 ドラマ版の物語では、冷淡なキング・清居を一目見た瞬間から恋に堕ちた平良。そんな平良を突き放し続けた清居だったが、徐々に常に自分だけに熱い視線を向ける平良に救われ、惹かれていき、平良への想いを自覚。すれ違い続けた2人が、お互いの思いを素直にぶつけ合った感動のラストで幕を閉じた。映画版では、両思いに一歩進んだ平良と清居のその後が描かれる。

関連記事(外部サイト)