エクストリーム・ホラー『哭悲/THE SADNESS』、7.1公開決定 ウイルス感染で狂暴化!イカれ狂った暴徒の場面写真解禁

エクストリーム・ホラー『哭悲/THE SADNESS』、7.1公開決定 ウイルス感染で狂暴化!イカれ狂った暴徒の場面写真解禁

映画『哭悲/THE SADNESS』場面写真(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

世界のジャンル系映画祭を席巻した台湾発のホラー映画『哭悲(こくひ)/THE SADNESS』が、7月1日より公開されることが決定。ウイルス感染により凶暴化した暴徒たちや、彼らから逃げ惑う人々を捉えた場面写真が一挙解禁された。

 本作は、感染者の凶暴性を助長する謎のウイルスの感染拡大により、暴力であふれ返る台湾を描くエクストリーム・ホラー。

 監督を務めたのは、本作が長編初監督となるロブ・ジャバズ。大のホラー映画好きでもある彼は、さまざまな名作ホラーからインスピレーションを得て、パンデミックを経験した後の世界で目を背けたくなるような暴力が横行するという、決して絵空事とは言い切れない衝撃的な映画を創り上げた。

 そんな本作は、徹底されたゴア描写とスリル満点のストーリーテリングが話題を呼び、ジャンル映画の権威であるシッチェス・カタロニア国際映画祭のMidnight X‐Treme部門に正式出品されたほか、ファンタジア国際映画祭では初監督作品を対象とするNew Flesh Award for Best First Feature部門で最優秀映画賞を受賞するなど、各国の映画祭を席巻。メディアからは、「史上最も狂暴で邪悪」(RUE MORGUE MAGAZINE)、「煮えたぎる怒りに満ちた、暴力の讃美歌」(BLODDY DISGUSTIN)、「内臓を抉られる衝撃」(ECHO BOOMER)などと評されている。

 謎の感染症に長い間対処し続けてきた台湾。専門家たちに“アルヴィン”と名付けられたそのウイルスは、風邪のような軽微な症状しか伴わず、不自由な生活に不満を持つ人々の警戒はいつしか解けてしまっていた。ある日、ウイルスが突然変異し、人の脳に作用して凶暴性を助長する疫病が発生。感染者たちは罪悪感に涙を流しながらも、衝動を抑えられず思いつく限りの残虐な行為を行うようになり、街は殺人と拷問であふれ返ってしまう。そんな暴力に支配された世界で離ればなれとなり、生きて再会を果たそうとする男女の姿があった。感染者の殺意から辛うじて逃れ、数少ない生き残りと病院に立てこもるカイティン。彼女からの連絡を受け取ったジュンジョーは、独りで狂気の街をさまよい始める。

 今回解禁されたのは、ウイルス感染により衝動が抑えられず凶暴化した感染者たちや、彼らから逃げ惑う人々の姿をとらえた場面写真。斧を片手に持つ血まみれのビジネスマン、電車内でナイフを振り回し返り血を浴びて振り返る青年、大量の血がこびりついた服をきた白髪のロングヘアの得体のしれない人物、ひとりの男性に群がり食らいつこうとする全裸の集団、手榴弾を握りしめる総統、嬉しそうに拳銃を構える警官…。暴徒化した感染者たちはみんな満面の笑みを浮かべ、その異常さが際立つ。果たして、そんな感染者たちから逃げ惑う離れ離れになってしまった一組のカップルは、想像を絶する残虐行為であふれかえる台湾で、生き残り、再会を果たすことができるのか―。

 映画『哭悲/THE SADNESS』は、7月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)