『シュレック・ザ・ミュージカル』今夏日本初上陸 全キャストをオーディションで選抜

『シュレック・ザ・ミュージカル』今夏日本初上陸 全キャストをオーディションで選抜

ミュージカル『シュレック・ザ・ミュージカル』ロゴ(黒)

アニメ映画『シュレック』を舞台化したブロードウェイミュージカル『シュレック・ザ・ミュージカル』が日本初上陸。トライアウト公演が8月15日〜28日、東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演されることが決まった。本公演の全キャストはオーディションで選出される。

 『シュレック』は、2001年にドリームワークスが制作したアドベンチャーコメディー映画。史上初のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞し大ヒット、日本では浜田雅功(シュレック役)と藤原紀香(フィオナ姫役)の吹き替えでも話題となった。そんな『シュレック』を元に2008年にブロードウェイにてミュージカル化され大好評を博した本作が、日本初上陸する。

 物語の主人公は、人里離れた森の沼のほとりに住む怪物シュレック。彼にまつわる恐ろしい伝説とは裏腹に、気ままな生活を送っていた。そんなある日、領主によって国を追放されたおとぎ話の住人たちが、シュレックの住む森に押し寄せてくる。静かな生活を取り戻したいシュレックは、追放令を取り消すよう領主ファークアード卿(きょう)に交渉。真の王になるためにプリンセスとの結婚をもくろんでいたファークアード卿は「自分の代わりにドラゴンと戦って、とらわれの姫フィオナを救い出せ」と交換条件を出す。仕方なくシュレックは、お調子者のしゃべるロバ・ドンキーを道連れに、沼を取り戻すため冒険の旅に出たが…。

 本公演の翻訳・訳詞を担うのは小島良太。演出・振付を岸本功喜が務める。ミュージカル『ズボン船長』『魔女の宅急便』『オリヴァー・ツイスト』『犬との約束』などを手掛けた盤石のタッグがブロードウェイの名作の日本版に挑む。

 岸本は「10年ほど前に、ロンドンの劇場でこのシュレック・ザ・ミュージカルを観たときの高揚感を今でも鮮明に覚えています。新しくオーディションで集まったキャストと共に、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるこの作品をアニメの世界を飛び越えライブエンターテイメントならではの演出方法で皆さまに届けられること、私自身もこのチャレンジングな機会にワクワクしております」とコメント。

 小島は「愛すべきキャラクターたちが活躍するこの作品。楽曲も軽快でミュージカルバージョンならではの楽しみがたくさんあります。お子様のミュージカルデビューに、夏を笑い飛ばしたい大人の方の清涼なエンターテインメントに。まだまだ周りに『おそれ』がある今の時代だからこそ、是非この夏、『シュレック・ザ・ミュージカル』を観て笑顔になりましょう!」としている。

 今回のトライアウト公演の上演に伴い、舞台を彩るメインキャスト・アンサンブルキャストを選出するオーディションの開催が決定。応募要項などの詳細は、公式サイトにて。

 ミュージカル『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演は、8月15日〜28日、東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演。

関連記事(外部サイト)