A.B.C‐Z・戸塚祥太主演×内博貴共演舞台『フォーティンブラス』ビジュアル解禁

A.B.C‐Z・戸塚祥太主演×内博貴共演舞台『フォーティンブラス』ビジュアル解禁

舞台『フォーティンブラス』ビジュアル

A.B.C‐Zの戸塚祥太が主演を務め、内博貴が共演する舞台『フォーティンブラス』より、フォーティンブラスを演じる若手俳優役の戸塚が、ハムレット演じる傍若無人なスター俳優役の内につかみかかる、熱い視線が印象的なビジュアルが解禁された。

 “フォーティンブラス”とは、長い『ハムレット』の物語の中で2回だけ登場する“脇役”。それを演じる脇役俳優にスポットライトを当て、演じる俳優視点で横内謙介が1990年に書き下ろした作品が、この『フォーティンブラス』だ。

 本作は、劇団善人会議(現・扉座)で初演された後、多くの俳優たちによって幾度となく演じ継がれ、世界中に数あるシェイクスピア書き換え戯曲の中でも、群を抜いて注目を集めてきた日本の名作と言われている。

 どんな人間でも、人は生きていく上で、時には主役になることはあっても、ほとんどの場面は脇役を演じ続けざるを得ない。ましてや俳優は、ほとんど主役になれることなどはなく、ただ主役を夢見ながら生き続けているしかない。その悲哀を、フォーティンブラスを演じる脇役俳優たちの、楽屋や劇場でのやりとりやその思いを通して描く。

 おなじみの名作『ハムレット』が華やかに上演されている、とある古ぼけた劇場。その楽屋で、売れない役者・羽沢武年が、上演中だというのにヒマしている。彼の役は、ノルウェーの若き王子フォーティンブラス。最初の出番は、芝居が始まって約2時間15分後。それもただ舞台を通り過ぎるだけ。二番目の出番は全ての物語が決着を見た後。のこのこ登場し、最後のまとめをするだけの、いわば「刺身のツマ」。

 その上ハムレット役の大スターは、横暴で、陰険で、勝手に芝居を変えるわ、若い女優に手を出そうとするわとタチの悪いことこの上ない。武年ばかりでなく、オズリック役で恵子の恋人である岸川和馬やオフィーリアに抜てきされたバラエティータレント・刈谷ひろみさえも、そんな大スターに嫌気が差し、楽屋には一触即発の不穏な空気が流れている。

 そんなある夜、芝居のはねた劇場に、突然不気味な亡霊が姿を現す。亡霊は、自らを「フォーティンブラスの父」だと名乗り、武年に向かって言った。“我が息子フォーティンブラスよ。さあ、今こそその汚れなき高潔な血を熱くたぎらせ剣を抜け。そしてその剣に、ハムレットへの復讐(ふくしゅう)を誓うのだ!!” その言葉にとまどいながらも武年は、亡霊にハムレットへの、そして大スターへの復讐を誓うのだった。

 しかし劇場付きの老女優・松村玉代は、亡霊の姿を見て驚いた。この男は「フォーティンブラスの父」なんかじゃない。昔、玉代が一緒に芝居をしていた俳優の岸川和春、すなわちオズリック役の岸川和馬の死んだ父親の亡霊だ…。

 舞台『フォーティンブラス』は、東京・自由劇場にて6月3〜9日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて6月18〜20日、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホールにて6月28〜30日上演。

関連記事(外部サイト)