『トップガン マーヴェリック』ロンドンプレミア開催 トム・クルーズがウィリアム王子&キャサリン妃をお出迎え

『トップガン マーヴェリック』ロンドンプレミア開催 トム・クルーズがウィリアム王子&キャサリン妃をお出迎え

映画『トップガン マーヴェリック』ロンドンプレミアに登場したトム・クルーズ(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

俳優のトム・クルーズが、日本時間5月20日に行われた映画『トップガン マーヴェリック』のロンドンプレミアに登場。来場した英王室・ウィリアム王子&キャサリン妃をエスコートし、「とても嬉しい」と喜びを口にした。

 本作は1986年に公開され、トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた『トップガン』の36年ぶりの続編。トムは本作のプロモーションツアーで連日世界を回っており、特別上映のために約30年ぶりに登場したカンヌ国際映画祭2022では、“名誉パルム・ドール”が贈られたことも大きな話題となった。
 
 そんな中、本作のロンドンプレミアが開催。トムをはじめ、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、ジョセフ・コシンスキー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーらが出席し、会場を沸かせた。

 快晴のロンドン市街の中心地に、「キャプテン・ピート・ミッチェル “マーヴェリック”」の文字があしらわれたド派手な戦闘機が出現。会場は、『トップガン』のトレードマークであるサングラスやMA‐1ジャケットを身にまとったファンたちの熱気に包まれた。

 華やかにイベントが進むと、なんと英国を代表する“ベスト・オブ・ザ・ベスト”なスペシャルゲストとして、英王室よりウィリアム王子&キャサリン妃が来場!

 レッドカーペット上でお出迎えしたトム・クルーズは、ローラン・ムレ(ROLAND MOURET)のオフショルダーのドレスで登場したキャサリン妃の手をとってエスコート。一方ウィリアム王子は、イギリス空軍の航空救急隊パイロットを務めた経歴の持ち主とあって、本作への特別な思い入れをにじませた。

 ウィリアム王子とキャサリン妃は、ハリウッド随一のプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーと談笑したり、オスカー女優のジェニファー・コネリーやマイルズ・テラーらとも笑顔で言葉を交わし、イベントは厳かながらとても晴れやかな雰囲気に包まれた。

 トム・クルーズは「ロンドンのこの場所でプレミアを行うのは本当に久しぶりなので、とても興奮しています! イギリスではたくさんの映画を撮影してきました。今回、このキャストたちとロイヤルプレミアを開催でき、ウィリアム王子とキャサリン妃にも参加いただけてとても嬉しいです。王子は飛行士ということで私と同じ(笑)ですしね!」とコメントした。

 このプレミアイベントに続き、24日に、トム・クルーズは約4年ぶりの来日を果たし、ジャパンプレミアを開催。本作のワールドプロモーションツアーの大トリとなる日本の地で、どれほどの“胸熱”なフィナーレを飾ってくれるのか、期待が高まる。

 映画『トップガン マーヴェリック』は、5月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)