『世にも奇妙な物語'22 夏の特別編』放送決定 くりぃむしちゅー・有田哲平、初主演で超難役に挑む

『世にも奇妙な物語'22 夏の特別編』放送決定 くりぃむしちゅー・有田哲平、初主演で超難役に挑む

ドラマ『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』「何だかんだ銀座」に出演する有田哲平場面写真(C)フジテレビ

6月18日21時放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』(フジテレビ系)に、くりぃむしちゅーの有田哲平が出演することが決定。有田は、同シリーズ初出演にして初主演。「すごく好きな番組なので、本当にうれしいと思いましたが、台本を読んで“これ…!?”って思いました」と率直な思いを明かした。

 同番組は、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズの最新版。1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に二度放送を続けてきた本シリーズでは、今回も4つの“奇妙な”短編ドラマを放送する。

 有田が主演する『何だかんだ銀座』は、村崎羯諦(ぎゃてい)の「余命3000文字」(小学館文庫)に収載されている同名小説が原作。ある日、羽鳥祐介(岩田琉聖)は父親の昭夫(東根作寿英)と銀座の公園で“野生のお金持ち”であるニホンオオカネモチ(有田)を捕まえて自宅で飼うことにする。母親の美津子(紺野まひる)はあきれつつも、祐介の誕生日プレゼントとして飼うことを認めるのだった。

 しかし、ニホンオオカネモチは銀座で買った食器、銀座の食べ物以外は受け付けないなど、銀座に大変なこだわりを持つかなり厄介な生態が…。そんな“お金持ち”と祐介の世にも奇妙なひと夏の物語が始まる。

 俳優として連続テレビ小説『半分、青い。』(2018)、『わにとかげぎす』(2017)などに出演してきた有田だが、「監督さんもスタッフさんもマネジャーにも開口一番“この役は相当難しいですよ…”と言われるくらい難しい役みたいです」とコメント。さらに、「ただのお金持ち役ではないです! 本当に何かをモチーフにしてとか、何かを頼りにして役作りができない役なので、とにかく探り探り監督と話し合いながら、何とも言い様のない役を演じさせて頂きました」と語る。

 また、演出の植田泰史は「企画を初めて聞いた感想は、私も有田さん同様に“これ…!?”でした」とし、「何とも不可思議で色々な感情が刺激され、この作品は番組史に残る問題作になるはず! 是非、当日目撃者になって下さい!」と呼びかけている。

 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』は、フジテレビ系にて6月18日21時放送。

 コメント全文は以下の通り。

■有田哲平

・『世にも奇妙な物語』への出演が決まった時の感想

 すごく好きな番組なので、本当にうれしいと思いましたが、台本を読んで“これ…!?”って思いました。ほとんどがネタバレになってしまうので、あまり言えないですが、“これですか!?”というのが率直な感想です(笑)。

・“世にも奇妙”ならではのユニークな設定でしたが、実際に演じてみていかがでしたか?

 監督さんもスタッフさんもマネジャーにも開口一番“この役は相当難しいですよ…”って言われるくらい難しい役みたいです。いわゆる、普通のお金持ちだったら“ちょっと偉そうに演じてみるか”と思ったのですが…。とにかく、ただのお金持ち役ではないです! 本当に何かをモチーフにしてとか、何かを頼りにして役作りができない役なので、とにかく探り探り監督と話し合いながら、何とも言い様のない役を演じさせて頂きました。

・番組を楽しみにしている視聴者の方へメッセージ

 『世にも奇妙な物語』というのは、本当に一癖も二癖もある物語がいつも描かれていると思いますが、今回の作品も最初から最後の最後までちゃんと気を抜かずに見ていただければなと思います。“ほんとに奇妙だな”って思うと思います(笑)。世にも奇妙な物語の中でもさらに奇妙な物語になっていると思います。是非、ご覧ください!

■演出:植田泰史

 企画を初めて聞いた感想は、私も有田さん同様に“これ…!?”でした。奇妙中の奇妙な物語。世にも奇妙な物語を演出して20年。大概の“奇妙”はやり尽くしたつもりでしたが、まだまだ“奇妙”な世界は奥深いと思い知った次第です。有田さん演じる主人公は、演技力のみならず、存在感、ユーモア、野性味、そして気品まで求められる、難役中の難役なのですが、見事に、強烈で魅力的なキャラクターを作り上げてくれました。何とも不可思議で色々な感情が刺激され、この作品は番組史に残る問題作になるはず! 是非、当日目撃者になって下さい!

関連記事(外部サイト)