『ナンバMG5』第6話 “剛”間宮祥太朗が2年生に進級 横浜のヤンキーチームと対決

『ナンバMG5』第6話 “剛”間宮祥太朗が2年生に進級 横浜のヤンキーチームと対決

ドラマ『ナンバMG5』第6話より(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系/毎週水曜22時)の第6話が25日の今夜放送される。

■第6話あらすじ

 家族に嘘をついてまで白百合高校に通う二重生活を送って1年。いつの間にか千葉を制覇していた難破剛(間宮祥太朗)は無事2年生に進級した。剛は美術部の副部長に、藤田深雪(森川葵)は副々部長に就任。牧野弥生(鈴木ゆうか)ら新1年生も入部していた。

 深雪とはまた同じクラスになったものの、いまの剛の1番の心配事は、深雪の人気がどんどん上がっていること。伍代直樹(神尾楓珠)や大丸大助(森本慎太郎)とラーメン店を訪れた剛は、その悩みを2人にも打ち明けた。どうやら彼女らしき存在がいるらしい伍代にアドバイスを求める剛。すると伍代は、このまま何もしなければ、いつかは誰かに取られるのは確実だ、と言い出す。意を決した剛は“ずっと好きでした。明日、直接お話させてください”と書いた手紙を深雪の下駄箱に入れる。

 あくる日、剛たち美術部員は写生大会で横浜を訪れる。深雪は、気に入った構図の中に入り込んでいて邪魔だといって、揃いの特攻服に身を包んでたむろするレディース『横浜魔苦須(マックス)』に話をつけに行ってしまう。するとそこに『魔苦須』の2代目総長を狙うヤンキー『ケルベロス』の面々が現れ、『魔苦須』と一触即発の状態に。仕方なく特服に着替えた剛は、襲いかかってきた『ケルベロス』のメンバーと対決する。

 ドラマ『ナンバMG5』はフジテレビ系にて毎週水曜22時放送。

関連記事(外部サイト)